はじめに

 

ロボアドバイザー投資はこれからお得になっていく!?

コスト面ではインデックス投信のほうが有利ですが、これらの商品も最初から低コストを実現できていたわけではありません。10年ほど前までは、現在のロボアドバイザーより高い1%以上の商品が一般的で、徐々にコストが下がってきたのはここ数年のことです。

ロボアドバイザー先進国であるアメリカの例を見ると、大手のウェルスフロントやベターメントの運用コストは0.25%です。日本のロボアドバイザーはまだ黎明期であることを考えれば、今後、運用資産規模が大きくなればコスト引き下げも可能になり、投資家が恩恵を受けられる日がくるかもしれません。

現実に2017年10月には、利用料が0.324%(税込、18年3月末までは無料)と、業界最安となる新しいロボアドバイザーが登場しました。東証に上場するETFを投資対象とするマネックス証券の「マネックス・アドバイザーズ」というサービスです。すべておまかせも可能ですが、サービスサイトで提供される市況コンテンツなどを参照しながら自分の意思も反映できるしくみで、学びながら運用していきたい人に適したサービスとなっています。

途中の損失は必ず出るもの、めげずに続ける人が成功する

投資が初めてという人が、勧められるままにリスクもコストも高い金融商品に手を出したり、予期せぬ損失を被って投資をやめてしまう例は後を絶ちません。しかし、積立投資などは途中でやめてしまっては意味がなく、一時的に損失を出しても淡々と続けていくことで成果が出る投資手法です。長く継続するためにも、損失が出ても耐えられる程度にリスクを設定する必要があり、それを可能にするのがロボアドバイザー投資の魅力ともいえます。

資産運用の王道といえる世界分散投資や積立投資を手軽に始められるロボアドバイザー投資は、初めての人でも安心してスタートできる入り口のひとつです。リスクを理解し、日々の値動きを体感しながら、世界経済と一緒に資産の成長を目指しましょう。