NewsPicks動画出演のFPが登壇「賢い資産の殖やし方・守り方」セミナー

2022年12月14日(水)のFOMCでは、予想通り利上げ幅は前月までの0.75%から0.5%に縮小したものの、政策金利見通しでは2023年末の予想が5.00~5.25%に引き上げられました。パウエル議長会見では、継続的に利上げすることが適切であることが引き続き示されています。

バランスシートを見てみると、コロナ禍での異次元の金融緩和で「カネ余り」という言葉もメジャーになりましたが、これまで市場にお金が増えていっている状況が継続してきたのが、量的引き締め(QT)が始まって市場からお金が減っていく状況になっています。つまり、投資を取り巻く環境がかわってきているということです。これまでうまくいっていた投資法では上手くいかなくなってくる可能性が高いと考えます。

画像:Federal Reserve Board「Recent balance sheet trends」より引用

リセッション(景気後退期)が迫り来ると考え、「投資をしない方がいいんじゃないか?」という方もいるかもしれませんが、年金2,000万円問題やインフレもあり、預貯金だけで金銭的に安心して老後を迎えるのが難しいという方も多いのではないでしょうか。政府が「貯蓄から投資へ」と掲げるように、自分だけでなくお金にも働いてもらわなければいけない、投資はやらなければいけない時代といえます。

リセッションで値上がり益を狙うのが難しいのであれば、リセッションにも強いと考えられる銘柄やETFに投資をして、配当など安定したインカムゲインを確保するのを考えるのは一つの選択肢かもしれません。

続きを読む教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ