はじめに

つみたてNISAと一般NISA、2023年はどちらをはじめる?

統合NISAは確かに現行NISAより充実しているので、「今から2024年に向けて統合NISAのために投資資金を準備しておこう」と思う方もいるかもしれません。しかし、2024年から統合NISAを始めようと思うくらいなら、ぜひ2023年から、今すぐ現行NISA、それも「つみたてNISA」を始めた方が良いと考えています。

2023年からつみたてNISAを始めたほうがいい理由は、3つあります。

●つみたてNISAを今すぐ始めたほうがいい理由1:非課税で投資できる金額が増やせる

現行NISAで保有している資産は、2024年以降の統合NISAの生涯投資枠とは別枠です。そして、現行NISAの保有資産は、現行の非課税期間の間は、非課税で持ち続けることができます。つまり、現行NISAの資産をいくら持っていたとしても、それとは別に統合NISAの1,800万円の非課税投資枠が利用可能。2023年からスタートした方が非課税で投資できる金額が多くできるのです。

2023年に現行NISAを始め、2024年からは統合NISAを利用した場合、一般NISAなら1,920万円、つみたてNISAなら1,840万円まで非課税で投資できます。
非課税投資金額は一般NISAの方が多くできますが、非課税期間は5年間と短くあります。つみたてNISAは非課税期間が20年なので、元本割れの可能性を減らし、堅実に増やせる可能性が高いのです。

金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」には、1985年から2020年までの間、積立・分散投資を5年で行った場合と20年で行った場合を比較したグラフが掲載されています。

保有期間5年の投資でも利益は出ていますが、元本割れするリスクもまだあります。その点、保有期間20年の投資では運用成果が年2%〜8%の間におさまり、元本割れのリスクが少ないことが示されています。

その家計で新NISAをはじめて大丈夫?お金のプロが無料診断[by MoneyForward]