はじめに

個人投資家には、プロの投資家にはないメリットや強みが存在します。今回はプロに負けない、個人投資家ならではのメリット、強みについてお伝えいたします。


(1)時間の制約がない

まず最初に挙げたいのが、短期的な利益追求のプレッシャーが少ない点です。

機関などに属しているプロの投資家は、「今日中に」「今週中に」「今月中に」「今期中に」など、ここまでに利益を出さねばならないという締め切りが決まっているため、自分の都合で長期保有することなどができません。週末要因や期末要因というのが意識されるのも、この締め切りが関係しています。

プロ投資家と違い、個人投資家は短期的な業績を追われることがありません。利益が乗ったら早めに利食うということも、タイミングが悪いと思ったら長期で保有したり、戦略を変更したりすることも自由自在です。

加えて個人投資家は、短期的なパフォーマンスに左右されず、数年や数十年という長期的な視点で資産を運用することができます。これにより、短期的な市場の変動に一喜一憂することなく、安定した資産運用が可能となります。成長が期待できる銘柄にじっくりと目を向けることもできます。情報収集や投資先の決定などに、時間的余裕を持って取り組むこともできるといえるでしょう。

(2)柔軟な投資判断が可能

プロの投資家は、組織からこの商品でこの戦略でということを仕事として任されることが多いため、自分で投資先を選択する事が難しいケースが多いようです。例えば、ドル円の投資を任されたのであれば、ドル円のボラティリティが低かったり、投資しにくい環境であっても、ドル円で利益を出さなければなりません。

一方、個人投資家は独自の投資判断を行い、投資戦略や資産配分を柔軟に変更できます。これにより、市場環境や自身のリスク許容度に応じて迅速に対応することが可能です。組織の制約や方針に縛られることなく、自由な発想で投資先を選択できるわけです。

株式投資やFX、商品先物など、いま優位性があると思う市場で投資をすることも可能ですし、例えば株式投資であれば新興企業や未来の技術に賭けることもできます。ポートフォリオの多様化や、損失を最小限に抑えるリスク管理手法などを用いることができるのも個人投資家ならではのメリットです。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]