はじめに

2023年も後半に入り、期待の新NISAのスタートも半年後に迫りました。日本に住む全ての18歳以上の方が利用できる税制優遇制度ですから、ぜひ良いスタートを切りたいものです。

今回はファイナンシャルプランナーが考える、20代の方の理想の新NISA活用法を解説します。


月に1万円の自己投資

資本とは事業を行うための元手、原資のことを言います。元手がなければ、事業を始めることもできませんし、利益を上げることもできません。更なる成長のためには、今ある資本を効率的に投資し、利益を得ることがとても重要です。

通常、資本とはお金を指します。金融資本とも言います。事業に資金を投資することで利益を得て、さらにその利益を再投資し、どんどん事業を成長させ成功していきます。

残念ながら若いうちは、この金融資本が潤沢にないのが普通です。社会人としてのキャリアもまだまだ短いですから、これは当たり前のことです。

一方、資本には金融資本の他に、人的資本という意味もあります。これは人間として成長する力、ポテンシャルのことを指します。こちらはむしろ、若い人の方が持ち合わせていると言えるでしょう。従って、若いうちはこの人的資本を活用することがとても重要です。

例えば、豊かな人間関係は人としての成長につながりますし、時にビジネスチャンスにもつながりますので、人と会うための交際費は、むしろ投資と言えるかも知れません。ジムで身体を鍛えたり、スポーツを楽しんだり、身体に良い食べ物を食べたりすることも、健康を維持しより高いパフォーマンスのために重要な投資です。

もちろん、学びも大切です。読書にお金をかける、芸術鑑賞にお金をかける、旅に出る、スキルアップをはかる、資格をとるといったことも全てが投資です。20代で自分自身に対しこのような投資をするかしないかは、その後の成長のカギとなります。

そして、もうひとつの大切な投資が「経済への投資」です。経済の学びを実践化するために、市場にお金を投じて実体験を積むことです。やはり20代のうちに、投資によって経済を学んだのかどうかで、その後の資本力に大きな差がつきます。

具体的には、NISAで月1万円を投資に回します。そしてボーナス月は5万円を投資します。年間22万円で、世界中の株式に投資をする投資信託を積立購入していきます。

例えば、つみたてNISA対象の投資信託の中には、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI ACWI)」という指数に連動するインデックスファンドがありあす。MSCI ACWIは、文字通り世界の経済の指標と言えるもので、先進国23カ国、新興国23カ国に一度に投資ができる投資信託です。

先進国は、米国、カナダ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イスラエル、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、オーストラリア、香港、日本、ニュージーランド、シンガポールの23カ国。

そして新興国は、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、ペルー、チェコ、エジプト、ハンガリー、ポーランド、南アフリカ、トルコ、ギリシャ、カタール、UAE、中国、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、台湾、タイ、パキスタンの23カ国です。

なお、ロシアは新興国の中に含まれていましたが、ウクライナ侵攻に対する経済制裁の一環として、2023年春にこの指標から除外されました。

その家計で新NISAをはじめて大丈夫?お金のプロが無料診断[by MoneyForward]