現金がなくても気軽に買い物ができ、ポイントも貯まることから、クレジットカードで買い物をする人は多いのではないでしょうか。また、最近では、クレジットカードが利用できる店舗も増え、各店舗で新規加入のキャンペーンを実施しています。割引やポイントアップなど、魅力的な特典も多く、つい、特典につられて加入してしまい、気がつけばクレジットカードが増えていた……ということも少なくないはず。

そこで、今回は、増えてしまったクレジットカードの断捨離ポイントについてお話しします。


クレジットカードは2枚持ちが正解!

割引やポイントアップなど、様々な特典につられて、いつの間にか増えてしまったクレジットカード。気がつけば、使わないままになっている……というカードが数枚はあるのではないでしょうか?

お金が貯まっている人の共通点は、お財布の中身がスッキリしていて、クレジットカードもポイントカードも最小限にしています。クレジットカードが増えすぎてしまったという人は、この機会に不要なクレジットカードを断捨離しましょう。

基本的にクレジットカードは、「日常よく使うカード」と「世界中で使えるカード」の2枚あればよいと思います。

日常よく使うカードを1枚に集中させることで、ポイントが貯まりやすくなったり、受けられる特典のグレードがアップしたりします。また、今は、グローバルな時代なので、旅行や仕事で海外に行く機会も多いことでしょう。その時に世界共通で利用できるカードを1枚もっておくと便利です。「海外キャッシュサービス」が付帯しているカードだと、必要な時に現地の通貨で現金がおろせるので便利です。VisaやMaster Cardなどのインターナショナルブランドカードを1枚持っておくとよいですね。

自分の「ライフスタイル」を考えて選ぶ

では、日常使うクレジットカードはどのように選べばよいのでしょうか。

クレジットカードをオトクに便利に使いこなすコツは、クレジットカードを利用する最大のメリットである「ポイントを貯めること」です。

このメリットを活かすためには、日常の自分の行動範囲を考えて、ライフスタイルに合ったカードを選び、利用することが大切です。よく買い物するスーパーやよく立ち寄るデパート、休みのたびによく行くレジャー施設など、よく利用するお店やよく行く場所を思い浮かべてみましょう。

クレジットカードは、ライフスタイル別に「流通系カード」、「銀行系カード」、「交通系カード」、「石油系カード」などに分けられます。

流通系カードは、スーパーや百貨店が発行。買い物する際の割引特典やポイントサービスが充実しているものが多いのが特徴です。スーパーや百貨店などでよく買い物する人であれば、わりとすぐにポイントが貯まり、お得度が高いといえます。

銀行系カードは、銀行が発行。キャッシュカードとクレジット機能が一体化されているなど、銀行ならではのサービスが特徴です。利用額や利用頻度、取引している商品などに応じて振込手数料やATM手数料が優遇される場合もあります。

交通系カードは、航空会社や鉄道会社が発行。飛行機のマイレージが貯まりやすくなっていたり、定期券購入に使えたりと飛行機や電車をよく利用する人には使い勝手がよいといえるでしょう。

石油系カードは、石油会社が発行。ガソリン代が値引きになるのが石油系カードの特徴。自動車をよく利用する人には、うれしいサービスです。他にもロードサービスでの特典も充実しています。