はじめに

固定費をクレジットカード払いするとポイントが貯まりやすい

先ほどもお話ししたように、クレジットカードを利用する最大のメリットは、ポイントが貯まることですが、ポイントを多く貯めるコツは、毎月必ず支払う「固定費」をカード払いにすることです。

最近は、電気、ガス、水道などの公共料金や家賃、新聞代、携帯代、保険料などもクレジットカードで支払うことできます。これだけの毎月の固定費をクレジットカード払いにすればすぐにポイントが貯まりますね。

では、固定費をカード払いにした場合、いったいどれくらいのポイントが貯まるのでしょうか?

例えば、電気代1万円、ガス代6,000円、水道料金7,000円、携帯電話料金1万円、プロバイダー料金5,000円、生命保険料5,000円、新聞代4,000円を支払っているとします。これを合計すると月額で4万7,000円。年間にすると56万4,000円となります。

一般的なカードのポイント還元率は、1,000円で1ポイントのケースが多いので、これにあてはめて計算すると、564ポイントとなります。それを一般的な還元率1ポイントを5円で換算すると2,820円になります。つまり、固定費をクレジットカードの支払いに変更すると、年間2,000円〜3,000円くらいは節約できるというわけです。

一度、クレジットカード払いの手続きをしてしまえば、継続的にポイントが貯まり、節約効果が続きます。まだ、固定費をクレジットカード払いにしていないという人は検討してみてはどうでしょうか。