ここ数年、さまざまな職場で深刻化している人手不足。アルバイトによる不適切動画の撮影・公開が相次いでいる背景にも、この深刻な人手不足に伴うバイト人員の質の低下やバイト教育の不徹底を指摘する声があります。

他方、こうした人手不足を受けて活況を呈しているのが転職マーケットです。求職者にとって有利な“売り手市場”が続いており、パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」がまとめた最新のレポートでも、転職求人倍率は高水準をキープしています。

しかし、パーソルキャリアは同じレポートで「転職市場にやや変化がみられるようになってきた」とも指摘しています。中途採用のマーケットに、どんな変化が起きているのでしょうか。


転職求人倍率は高水準をキープ

パーソルキャリアが2月12日に公表した「doda 転職求人倍率レポート」によると、今年1月の転職求人倍率は2.13倍となりました。この数値は、dodaのエージェントサービス登録者(転職希望者)1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを示したもので、求人数を転職希望者数で割って算出しています。

つまり、1月の時点では、1人の転職希望者に対して、2件以上の求人があるというわけです。前月に比べると0.36ポイントのマイナスですが、それでも高い水準であることに変わりはないようです。

業種別の求人倍率では、「IT・通信」が5.63倍でトップ。「サービス」が2.47倍、「メーカー」が1.84倍で、これに続きます。求人数の増加率では、「小売り・外食」が前月比8.9%増、「メディカル」が同2.6%増だった一方、「メディア」が同8.9%減、「IT・通信」が同7.0%減となりました。

職種別の求人倍率では、「技術系(IT・通信)」が7.65倍、「専門職」が6.61倍と、全体を牽引。求人数の増加率では、「技術系(化学・食品)」が前月比8.5%増、「技術(メディカル)」が同7.0%増だったのに対し、「技術系(IT・通信)」が同5.4%減、「クリエイティブ系」が同4.6%減でした。

全体としてはまだら模様ながら、依然として企業の中途採用に対する意欲は旺盛にみえる結果となりました。しかし、dodaの大浦征也編集長は「転職者優位の売り手市場にやや変化がみられるようになってきました」とも指摘します。

“変化”の背景にあるもの

大浦編集長がこう指摘する背景にあるのが、求人数と転職希望者数の前年同月比での増減率です。

過去3年間のデータをひも解くと、転職希望者数の前年同月比での伸び率が求人数のそれを上回る状況が常態化していることがわかります。これまでは、転職希望者数の大幅な伸びを、求人数も2ケタの伸びを続ける中で吸収してきました。

しかし、転職希望者数の伸びが引き続き2ケタ台を維持する一方、求人数の伸び率は昨年秋頃から1ケタ台に低下。中途採用市場への供給のペースは衰えていないのに、需要の増加ペースには陰りが見えてきたというわけです。

加えて、求人数の前月比での増減率にも異変がみられます。これまでも単月でマイナスになることはありましたが、翌月にはプラスになっていました。ところが、昨年11月以降は3ヵ月連続でマイナスに。求人数の伸びが前月比でも頭打ちになっています。

転職市場の今後の見通しは?

大浦編集長によると、1月は新たに募集を始める企業は多かったものの、その増加幅は直近3ヵ月と比べると、やや落ち着いているといいます。また、年内で採用が終了したポジションもあったことから、求人数は微減になっているそうです。

その半面、4月までに転職先を決めようとして、1月から転職活動を始めた人が多くいたことから、転職希望者数は増加した格好です。

2月以降については、多くの企業が引き続き活発に中途採用を行っているため、求人数は過去最高水準を維持する見込みとのこと。ただし、来年度に予定していた一部の採用を2~3月に前倒しする動きも想定されるそうです。

今のところは引き続き活況を呈している転職市場。ですが、数年後に振り返ってみると、実は2018年の秋がターニングポイントだった、ということになる可能性もありそうです。

<文:編集部 猪澤顕明>