はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、3人子供を抱え、住居費以外の家計をすべて自身の収入で賄っている45歳の共働き主婦です。上の子が4月から私立高校に進学しすることで学費がかさみ、赤字に転落するといいます。家計を好転させるためには、夫の年収を把握することが大切だといいますが……。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

上の子が公立中学を卒業して、春から私立高校に進学することになります。学費が今までより7万円以上増えます。これまでギリギリ黒字でやっていけていたのですが、いよいよ毎月赤字になります。働く時間が増えると、つい帰りのスーパーで買い物することでストレスを発散してしまいます。家計簿アプリを利用しているものの、見直すことはまったくありません。忙しい毎日の中で家計を改善させるためには、何に気をつけたらいいのでしょうか?


〈相談者プロフィール〉
・女性、45歳、既婚(夫:45歳、自営業)
・子供3人:高1、小6、小3(4月より)
・職業:公務員
・手取り世帯月収:44.5万円
(夫:13万円、妻:31.5万円)
※ 夫は売上にかかわらず、住宅費だけ支払う。
・手取り世帯年間ボーナス:135万円(妻のみ)
※ 夏休みの旅行・年末年始の帰省、子供の衣類、年払いの保険、固定資産税などで約2/3は使用。


【資産状況】
・預貯金:100万円(妻名義)、夫名義は不明
・有価証券:43万円(つみたてNISA)
・住宅ローン:残債2900万円


【4月からの支出の内訳(51.04万円)】
・住居費:13万円(管理費込み)
・保険:4.95万円(学資保険、医療保険)
・教育費:10.3万円(私立高校1人、公立小学校2人、習い事は水泳、公文)
・通信費:1.09万円
・食費:10万円
・水道光熱費:1.8万円
・日用品:0.8万円
・衣服・美容:2万円
・健康・医療:0.5万円
・交通費:0.3万円
・小遣い(妻):1.5万円
・使途不明金:1.8万円
・つみたてNISA:3万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ