老後

「老後に1億」まじめな人ほど要注意!思い込みが家計を脅かす

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、老後資金に1億円を貯めたいという38歳の専業主婦。月8万円積み立てれば、老後に1億円作ることができるというセールストークを真に受けて、なんとかねん出したいといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

老後資金のためになんとか1億円貯めたいです。ある金融機関で、老後資金は夫婦二人で年金以外に1億円必要だと言われました。年利7%の商品で、毎月8万円を30年間積み立てることができれば、1億円を作ることができると担当の人は言いますが、我が家の現状では、その積み立てるお金がありません。収入を増やせばよいのかもしれませんが、子供が小さいので無理ですし、将来仕事につなげたい絵画の勉強の時間を潰すわけにもいきません。毎月の支出を見直ししていますが、減らせそうな支出はありません。なんとか毎月8万円をねん出できる方法はないでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、38歳、既婚(夫:43歳、会社員)、子供1人(2歳)
・職業:専業主婦
・手取り世帯月収:34.6万円
・手取り年間ボーナス:80万円
・貯蓄:60万円


【支出の内訳(35万円)】
・住居費:8.4万円
・食費:5.1万円(有機野菜を好んで購入)
・水道光熱費:1.5万円
・通信費:2.6万円
・生命保険料:2.1万円
・日用品代:0.8万円
・医療費:1万円
・教育費:7.8万円(妻の絵画の勉強代含む)
・小遣い:2.5万円(夫のみ)
・その他:3.2万円


横山: ご相談ありがとうございます。老後資金に1億円ですか? どのような老後生活を送りたいのかにもよりますが、多くの人はそんなにたくさんは必要ないと思います。

お話をうかがって感じた相談者さんの問題点は、老後資金について誤解しているだろうことと、老後資金を作るための毎月の余剰金がないことの2つです。将来に向け少しでも改善できるよう、何をすべきか考えていきましょう。

老後資金に1億円、本当に必要?

老後にもらえる年金額は、給与額や勤務期間などにより異なります。ですから、今の時点ではっきりした受給額はわかりませんが、ご主人の収入が現状のままと仮定すると、ご夫婦で月に22万円ほどは年金がもらえると見込めます。

一般的には老後の生活費は現役時代の生活費の7割ほどに下がるといわれており、相談者さんもそのようになると仮定すると、約24万5000円ほどで生活ができそうです。ということは、生活費のために老後資金から補填すべきなのは、毎月2万円。ただ最近では、なかなか生活レベルを下げることができないまま年金生活に入るケースも多くなり、その場合だと約10万円を補填しなくてはなりません。

もし、90歳まで生きるとすると、前者であれば毎月2万円の補填を25年間するので600万円の資金が必要です。後者であれば3000万円です。仮に100歳までと考えても、2万円なら840万円、10万円なら4200万円。介護費などの予備費を想定して1000万円上乗せして考えても、1億円も必要なさそうです。1億円というのは、金融機関の方が投資をして欲しくて言っただけかもしれませんね。そうなら、毎月8万円をねん出すると気張らなくてもよいことになります。

老後資金がたくさんあれば安心材料になりますが、老後の安心感を大きくするために今を犠牲にしてまで必要額以上に貯めていこうとするのは、少し間違っていると思います。良い老後を作るために「今」は大切ですから。ですが、老後資金がないと困ります。自分に必要だと想定される金額を目標に定め、コツコツ貯めていく習慣をつくりましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ