住まい

今住宅ローンを組むか、老後に一括か?マイホーム購入のタイミング

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、マイホームの購入時期について悩んでいる44歳の主婦。利息の支払いに抵抗があるため、夫の定年後に一括購入を考えていますが、友人に低金利で住宅ローン控除が使える今が買い時だと言われ迷っているといいます。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

住宅の購入時期で悩んでおります。今は会社より家賃補助が出ているので住居費は抑えられていますが、いずれは住宅購入を希望しております。現在、住宅購入資金、iDeCo、つみたてNISA、生活予備資金に分けて貯金をしております。


住宅購入資金としては、1800万~2000万円程度を目標にしています。 購入時期については、終の棲家についてじっくり考えたいという点や、借金や利息の支払いにとても抵抗感を持っている点から、主人の定年後に現金一括払いで購入できればと考えております。しかし、この話を友人や知人にすると「今は低金利だし、団信や住宅ローン控除も使えるし、どうせ家を買う予定なら今からローンを組んで買った方が良い」と言われます。


確かに今後、給料の上昇や退職金はあてにならない(私も病気のため正社員で働くのは難しい状況です)中で、老後の生活資金を貯めつつ、住宅資金も貯められるのか不安に思う部分はあります。それであれば、低金利のうちにローンを組んで購入した方が良いのか、あるいは、子供がいない(予定もない)ので、購入せずに高齢者施設の入居費用としてとっておく方が良いのかもと考えたりします。


老後の生活も見据えたうえで、どのような方法を取るのがよりベターでしょうか? アドバイスのほどどうぞよろしくお願いいたします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、44歳、既婚(夫:会社員)、子供なし
・職業:パート
・居住形態:賃貸
・手取りの世帯月収:39.8万円
(夫29.8万円、妻10万円)
・毎月の支出目安:25万円
・貯金:1700万円
・投資:約460万円


鈴木: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子です。マイホームをいつ買うのが正解かを悩んでいらっしゃるのですね。マイホームは一生で最も大きな買い物のひとつですから、物件だけでなく購入タイミングもじっくり考えることが大切です。今の自分たちにとって良い方向性は何かを考えるポイントをお伝えします。

まずは「希望していること」を整理する

購入のタイミングを考える際、まず大事にしたいのは自分たちの希望は何かを整理することです。ご相談者様の希望していることをまとめてみました。

【現時点で希望していることリスト】
・いつかマイホームは欲しい
・そのマイホームに一生住む予定
・マイホームはじっくり時間をかけて選びたい
・借金や利息を払うのは嫌であり、現金一括で払いたい

こうして整理してみると、「時間をかけてマイホームを選びたいし、ローンは組みたくないから、お金を貯めて定年後に一括で払ってマイホームを手に入れたい」ことが明確であり、ご相談者様もしっかりご自身の気持ちをわかっているようです。ところが、ご友人などからかけられる「早く買った方が良い」という言葉に悩んでしまうということは、希望は明確ではあるものの、「今買わない」リスクをできるだけ回避したいということでしょう。

そこで、次に「今買うこと」と「定年後に一括で買うこと」それぞれのちがいを考えていきましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ