キャリア

一時収入700万は「繰上げ返済資金として現金で保有」が正解?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、退職金等で700万円の一時収入があるという38歳の男性。投資資金に充てたいと考える一方、今後のことを考えると、繰り上げ返済の資金として現金のまま保有していた方がいいのではないかと悩んでいるといいます。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

38歳で現職を退職する予定です。退職金等で700万円程度の一時的な収入があり、それをどのように使用するかで悩んでいます。学資保険はすでに加入しているため、個人的には投資に回したいと考えていますが、現時点で総資産600万円の半分が株式に回っているため、少し株式過多になっているようにも感じています。手持ちの現金が300万円と少ないのも気になっているので、700万円を現金として持っておき、5年後の住宅ローン減税終了時に繰上げ返済するための原資とするか悩んでいます。アドバイスお願いいします。


〈相談者プロフィール〉
・男性、38歳、既婚(妻:33歳、会社員)
・子供2人:4歳、2歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・年間の世帯の手取り金額:1100万円(うちボーナスは年間235万円)
・毎月の世帯の支出目安:56万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:3100万円(住宅ローン)


【支出の内訳】
・住居費:12万円
・食費:9万円
・水道光熱費:1.6万円
・教育費:8万円(保育園)
・保険料:1.7万円
・通信費:2.5万円
・車両費:2万円
・お小遣い:3万円
・その他:16万円


伊藤: 相談内容に回答いたします。ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。よろしくお願いいたします。

2019年5月現在の内容として考えますと、相談者のお考えに沿ったプランがよいと考えます。ただし、5年間700万円の現金を眠らせる点や、現状の株式投資への比率が高い点については疑問に思う側面もあります。そこで、以下のようなプランを検討されてはいかがでしょうか?

700万を含めたマネープラン、この先どうする?

1.学資保険は継続、株式の比率をやや下げて

学資保険は、着実にお子様の学費を貯めていくものですから、そのまま継続していきましょう。ここは手をつけてはいけません。

一方、相談者の方が心配されているように、株式過多になっていますよね。現状の投資可能資産の半分が株式となっています。もちろん、ご夫婦の収入がある程度多くあるため、このままでも構いませんが、100万円程度に関しては少しずつ利益確定を進めてはいかがでしょうか。

そして、現状の投資可能資産の30%程度まで比率を下げ(具体的には150~200万円程度)、売却して得た100万円程度の資金は国内債券や海外債券の投資信託などでリスクヘッジを図ってはいかがでしょう。

なお、米中の関税戦争、イギリスのEU離脱問題、イタリアの財政赤字問題など、経済情勢では不安要素が残されていますので、そうした問題に明るい見通しが立つまでは現預金で残しておくのもよいかもしれません。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ