生活

小遣いを減らしたくない夫と、これ以上節約できないという妻

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、老後のために貯蓄をしたいという30代の主婦。夫は貯蓄のためにお小遣いを減らしたくないと言い、妻自身は働きたくても働けないため、節約に励みますが、削れるところが見つからないと言います。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

老後のために貯金をしたいのですが、なかなか貯められません。夫は貯金ができなくても小遣いを減らしたくないと主張します。私自身は体を壊して退職し、現在、転職先を探していますが見つからない状況です。そのため、家計でほかに削れるところがないかと考えていますが、なかなか見つからないのです。アドバイスいただけないでしょうか。


<相談者プロフィール>
・女性、32歳、既婚(夫:31歳、会社員)、子供なし
・職業:専業主婦
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:23万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円
・毎月の世帯の支出目安:20万円


【支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:2.7万円
・水道光熱費:1.7万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1.2万円(スマホ2台ほか)
・車両費:なし
・お小遣い:4.5万円
(夫3.5万円、妻1万円)
・その他:1.9万円(日用品など)


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:1400万円(うち妻名義1000万円)
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:なし


渡邊: ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。家計管理のご相談ですね。

まず大前提として、なぜご主人が貯金するよりもお小遣いを減らしたくないのか考えてみましょう。おそらく、老後のための貯蓄の必要性についてそこまでピンときておらず、老後生活のことよりも今の生活を楽しむことの方が優先順位が高いのではないでしょうか。そんな中で、ご主人のお小遣いを減らして、その分を貯蓄に回すのは困難でしょう。

また、漠然とした金額を継続的に貯めていくのは、貯蓄が趣味という方でないと難しいです。そもそも本当に貯蓄する必要があるのか、いくら必要なのかを明確にする必要があります。

貯蓄モチベーションを上げる「2つのアプローチ」

では、どのようにしたら貯蓄に対するモチベーションが上がるのでしょうか。自分自身がやりたいこと、目指したいこと、または避けたいことであれば、何かを犠牲にすることができます。

アプローチの方法は2つあります。一つ目は、フィア・モチベーション です。「このままいくと老後の生活ができない」「将来つつましい生活をしなければいけなくなる」など、“恐れ”がベースのモチベーションです。これらは、即効力があり、すぐに行動に移しやすい反面、持続力がないという特徴があります。

もう一つが、ファン・モチベーション です。「今からがんばれば理想の生活が送れる」「将来〇〇したい!」などポジティブなモチベーションです。こちらは、自分の叶えたい目標がベースとなっているので、持続力があります。これらを組み合わせながら、貯蓄へのモチベーションを高めてください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ