はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、毎月15万円の貯蓄を捻出している20代の共働き夫婦。貯蓄は順調に増えていますが、このペースで住宅購入や将来の子供の教育費、老後資金が足りるのかが不安だといいます。FPのたけやきみこ氏がお答えします。

家の購入費、子供を授かった時の教育費、または老後資金のために毎月少しずつ投資を含め貯蓄しています。まだ定年まで時間があるので、中長期的な資産運用を心がけていますが、このペースで間に合うのか不安です。家計の診察をお願いいたします。


〈相談者プロフィール〉
・男性、26歳、既婚(妻:26歳、看護師)、子供なし
・職業:公務員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:47万円
(夫:21万円、妻:26万円)
・年間の手取りボーナス額:160万円
(夫:80万円、妻:80万円)
・毎月の世帯の支出目安:32万円


【支出の内訳】
・住居費:8.2万円
・食費:5.5万円
・水道光熱費:0.8万円
・教育費:なし
・保険料:3万円
・通信費:1.8万円
・車両費:なし
・お小遣い:9万円(夫4万円、妻5万円)
・その他:3.7万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円(積立投資含む)
・現在の貯蓄総額:1200万円
・現在の投資総額:650万円(インデックス投信を中心に分散)
・現在の負債総額:なし

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ