生活

副業で稼いでも貯金15万、“あればあるだけ使う”から脱出したい

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、副業を含め月50万の収入があるのに、あればあるだけ使ってきたという32歳の未婚女性。これからは支出を削減して貯蓄をしていきたいといいますが……。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

今まで自分の使いたいようにお金を使ってきてて、支出を減らすのではなく副業をするなどして収入を増やすことを優先させてきました。最近になって漠然と不安と危機感を感じているため、これからは使い切らないで翌月に残すようにしたいと思っています。少しずつ残せるように、貯められるようにするには、まず何をしたらいいでしょうか? 簡単にできて長続きする貯蓄の秘訣を教えてください。


〈相談者プロフィール〉
・女性、32歳、未婚
・職業:会社員
・毎月の世帯の手取り金額:50万円(うち副業20万円)
・預貯金:15万円


【支出の内訳】
・住居費:9.2万円(賃貸)
・保険:0.5万円
・教育費:0.3万円
・通信費:1万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・日用品:0.5万円
・趣味・娯楽:2万円
・衣服・美容:7万円(パーソナルトレーニング、美容メンテナンス)
・健康・医療:6万円(サプリメント他)
・交通費:3万円(タクシーなど)
・交際費:3万円
・使途不明金:2.5万円


FP: ご相談ありがとうございます。miraitalkファイナンシャルプランナーの秋山です。今までは収入を増やすことを1番にやってきたのですね。これからは支出を下げてお金を貯めていくにはどうしたらよいか、ということを一緒に考えてみましょう。

先のことを考えるなら生活規模の縮小は必須

副業で随分と収入が上がっていますね。この副業はいつまで続けられそうでしょうか。今は若くて、ダブルワークも苦ではないと思いますが、年を重ねると、今と同じ仕事量では辛く、きついと感じることもあるかもしれません。

どちらか一方の仕事を選んで継続していくということも、あと10年、20年もしたらあるかもしれません。お金を貯めるにあたっても、今後の生活を維持できるようにという意味でも、支出の仕方の見直しは必要です。

現在は収入が大きい反面、支出も多いですね。また、毎月8万円ほど残るはずですが、現在の貯蓄は15万円。残るはずのお金は知らないうちに使ってしまっているのか、何かまとまった金額の買い物をしてこの金額となっているのかなど、振り返っておく方がよいでしょう。

どのような費目にいくら使って暮らしているのかは、今回のご相談である程度認識できたようですが、今度は自分が毎月、何にいくらを使っているのか、支出の内容について把握してみましょう。意外と無駄な支出だと感じる部分が見えてくるのではないかと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ