読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、現在の資産運用に迷いのある54歳男性。いまの家計に合った金融商品を知りたいといいます。また年間100万円かかる趣味の家族旅行を老後も継続していきたいといいますが……。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

60歳で仕事を引退したいです。56歳から役職定年で150万円ほど年収が下がります。退職金は3000万円ほどの予定です。今の投資商品のままで大丈夫でしょうか。もう少し投信を増やしたい気もします。ほかの金融商品を使ったことがないのですが、我が家に合うものがあれば教えていただけないでしょうか。

子供の将来に不安があり、住宅ローン返済と貯蓄に励んできましたが、ローンを完済すると気が緩み、趣味の家族旅行に毎年100万円ほど使ってしまいます。できれば70歳までは家族旅行を続けたいと思っています。

〈相談者プロフィール〉
・男性、54歳、既婚(妻:55歳、パート)
・子供2人:25歳(障害年金受給中)、17歳(私立大学に進学予定)
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:65万円
(夫55万円、妻2万円、障害年金8万円)
・年間の手取りボーナス額:400万円
(56歳から250万円に減額予定)
・毎月の世帯の支出目安:35万円

【支出の内訳】
・住居費:なし
・食費:12万円
・水道光熱費:2.5万円
・保険料:3万円
・通信費:2万円
・車両費:2万円
・お小遣い:7.5万円
(夫5万円、妻1.5万円、子供1万円)
・日用品:2.5万円(ペット代含む)
・その他:3万円
※教育費、年間120万円はすべてボーナスから支出

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:30万円
・現在の貯蓄総額:3000万円
・現在の投資総額:1250万円
(株式960万円、投資信託290万円)
・現在の負債総額:なし

伊藤: ファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太です。回答いたします。

老後も安泰の万全な家計

まず、相談者の場合、現時点で貯蓄が3000万円あります。また、年間でおおよそ540万円ほど貯蓄ができるような体制となっています。もちろんこの中からボーナス等で支出することがあるでしょうから、55歳の1年間で500万円、56歳からは役職定年も考慮し350万円ぐらい貯蓄できた(お子さまが順調に卒業できたと仮定)とすると、60歳の段階で貯蓄が5000万円程度となっている可能性が高いです。

これに退職金が加われば、税金等考慮しても、ある程度まとまった資金が貯蓄できることになり、現在投資している金額も含めれば9000万円~1億円程度は資金があることになります。老後資金2000万円問題は関係のない話になりそうです。

ただし、老後を豊かに過ごしたいとお考えであれば、お金はいくらあっても足りないともいえるため、どの程度の生活水準を保ちたいのか検討される必要があります。一般的な生活であれば、特段不自由なく生活できるのではないでしょうか。