生活

転職すると収入が大幅ダウン、教育費の山場を乗り切れますか?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、転職を考えているという38歳の男性。しかし大幅な収入ダウンが見込まれるため、子ども3人の教育費と老後資金が足りるか心配だといいます。FPの高山一恵氏がお答えします。

今の仕事が精神的に耐えられず転職を考えています。転職すると収入は大幅にダウンすると思われます。今までの貯蓄から子どもたちの進学費用を捻出した後、夫婦で老後生活を送るのには、どれくらいの収入が必要でしょうか。

子どもたちは3人とも公立中学に進学し、希望があれば高校から私立も検討するつもりです。その際の高校から大学7年間の3人分の学費は最大で2700万円必要となると予想しています。

私は現在単身赴任で、あと2年半は今の仕事でがんばるつもりですが、その後は自宅から通えて精神的ストレスが少ない職種を希望しております。子どもたちが独立した後、生活費は下がると考えております。長男が小学校に入学後は、妻も仕事を増やすことができるので、夫婦で手取り月35万円が実現できれば、子どもたちの進学など出費の山場を越えられるのではないかと予想しております。

その後も安定した気持ちで続けられる仕事であれば、年金を受給する年齢まで仕事を続け、老後の備えを作ろうと思っています。見通しは甘いでしょうか。アドバイスをお願いいたします。

<相談者プロフィール>
・男性、38歳、既婚(妻:39歳、パート)
・子ども3人:13歳、10歳、4歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の世帯の手取り金額:57.5万円
(夫:51万円、妻:6.5万円)
・年間の手取りボーナス額:220万円
・毎月の世帯の支出目安:51万円

【支出の内訳】
・住居費:14.2万円
・食費:7万円
・水道光熱費:2.3万円
・教育費:9万円
・保険料:4.5万円(学資保険3人分、他)
・通信費:1.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:6万円
・その他:6.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6.5万円
・現在の貯蓄総額:1650万円
・現在の投資総額:450万円(社債200万円、株式50万円、投資信託200万円程度)
・現在の負債総額:1600万円(住宅ローン:借入2820万円、20年ローン8年半経過、変動金利0.68%、返済月12.65万円)

高山: ご質問ありがとうございます! 現在のお仕事がお辛いようですね。収入も大切ですが、仕事のやりがいや精神的な安定もとても大切だと思います。

とはいえ、転職すると、大幅に収入がダウンするとのこと。お子さんも3人いらっしゃいますので、その後の生活が心配ですよね。転職しても生活が大丈夫かどうか考えてみましょう。

まずば、収入減に備えて家計全体を見直す!

ご相談者さんの家計を拝見すると、お子さん3人を育てながらも堅実に貯蓄されていますね。実際、収入が高いことで貯蓄をするなどの余裕が生まれていると思います。

現在の世帯収入は、手取りで57.5万円とのこと。ご相談者さんによると、転職した場合には、世帯収入は35万円程度で考えていらっしゃるようですが、そうすると、22.5万円収入が減ることになります。

ただ、住宅ローンもご相談者さんが50歳の時に完済し、57歳で、お子さん3人とも大学を卒業されるので、お子さんが大学を卒業してからでも、老後資金の準備ができるところが大きなアドバンテージといえそうです。

とはいえ、今後、お子さんが成人するまでは、なにかとお金がかかるでしょうし、転職してもその後、馴染むかどうかなど予想できない部分もありますので、収入が減ることに備えて、通信費や保険料などの固定費を見直したり、使途不明金を見直したりして、一度、家計全体を見直してみましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ