キャリア

かつ丼チェーンに投資して4年で20倍、数億円を稼いだサラリーマンの投資法

大化け銘柄は自分の身近に潜んでいる

人気投資ブログ「エナフンさんの梨の木」の筆者エナフンさんこと奥山月仁さん(いずれもハンドルネーム)は大化けする割安成長株を見つけ出し、数億円の資産を築きました。普段は会社に通う普通のサラリーマン。そんなエナフンさんに投資家として成功するまでの道のりや普通の初心者でも大きく儲けられる方法を聞きました。前編・後編に分けてお伝えします。


3年で2,000万円を貯める

――株式投資を始められたのは高校2年生のとき。父親から株を譲り受けたのがきっかけとエナフンさんの著書「エナフン流株式投資術」(日経BP社)に書かれています。

子供の頃から折りに触れて親戚が私にくれていたお祝い金を両親が預かっていて、大学生になる前に返してもらえることになりました。金額は30万円ほど。受け取り方は現金か父のもっていた株のどちらか好きな方を選択するようにと言われたので、迷わず株を選びました。銘柄は山一証券でした。後に自主廃業に追い込まれるのですが、そのころはバブル経済の入り口で、1000円くらいだった株価が上昇して2年で3倍になったんですよ。その体験のおかげで株式投資に興味をもつようになりました。大学は経済学部を選び、証券理論のゼミで学びました。

――証券理論を学びながら株式投資を実践されたのですね。

大学時代はギャンブルをして遊んでばかりいましたね。株も趣味の延長線上で自分なりに考えて買うようになりました。ファナックやら東京電力やら会社の規模が大きくて話題の本命株を買っていましたが、今思うと、へたくそですね。勝ったり負けたりしていました。ただ、株式投資でチャンスを見つけるための素養はこの頃に生まれたと思います。

――趣味を脱して本格的に株式投資を始めたきっかけは?

結婚生活がきっかけでした。私も奥さんも年収は世間並み。まずは二人で働きながらお金を貯めようと節約生活を始めました。電気はこまめに消すとか閉店間際のスーパーで安売りの総菜を買うとか、世の中にあふれている節約術をひたすらしていました。

節約は難しくないと思いましたね。やるかやらないか覚悟を決めるだけですから。努力が結果に表れやすいし、ゲームだと思うと、けっこう楽しめます。ドケチを貫いた結果、3年余りで2,000万円も貯まり、600万円を株式投資にまわすことにしました。

――ドケチで貯めたお金の3割を株式投資につぎ込むとは思い切りましたね。

株式投資を再開したのはちょうどいいタイミングだったんですよ。2003年から2007年にかけて小泉純一郎政権の政策でマーケットが安定していて、特別なことはしていなかったのに株価はどんどん上がって、4年間で元手の600万円を3倍にすることができました。だけど、そのときになってすごく後悔しました。「もっと儲かる方法があった」と気が付いたからです。

その頃はファンダメンタルズを重視した短期トレードで、何パーセント上がったら利益確定、何パーセント下がったら損切りとルールを決めて売買していました。投資家の間でも主流の方法でしたし、私も正解と思っていましたが、正解ではなかった。

というのは売らずに持っていたら、8倍、10倍になっている銘柄がいくつもあったんですよ。「なんて稚拙なトレードをしていたのか。これじゃやらないほうがマシだった」とすら思いましたね。

――その後悔から投資方法が短期売買から長期売買に変化したのですね。
 
はい、どっしり構えて、少々の変動を気にせずに成長力のある株を中長期でもつことにしました。そもそも短期トレードはサラリーマンには難しい。日中は株価が気になって仕方がないし、それでは本業にも影響を与えてしまう。株で損して上司に怒られてでは最悪。勝っていても値動きが気になりますからね。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ