読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、老後資金のためにつみたてNISAを始めたいという38歳の共働き主婦。いまの家計状況で始めても大丈夫か、貯蓄のうちどれくらいを投資に回していいのか知りたいといいます。FPの三澤恭子氏がお答えします。

老後資金のために、つみたてNISAを始めたいと思っていますが、今の家計状況で始めていいものなのでしょうか? また始めても問題ないとした場合、月いくらほど捻出していくべきでしょうか? 銀行に預金している分のどれくらいをそのまま残し、どれくらいを投資にまわすべきなのでしょうか?

〈相談者プロフィール〉
・女性、38歳、既婚(夫:39歳、会社員)
・子ども2人:6歳(小1)、3歳(保育園)
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:56万円
・年間の手取りボーナス額:177万円
・毎月の支出目安:56万円

【支出の内訳】
・住居費:9.2万円
・食費:9万円(外食代含む)
・水道光熱費:1.5~2万円
・教育費:7万円(10月から3.7万円減)
・保険料:10万円(貯蓄型7.5万円、医療他2.5万円)
・通信費:2.2万円(スマホ2台、Wi-Fi他)
・車両費:2.5万円(ガソリン4回)
・お小遣い:5万円(夫のみ)
・その他:6万円(日用品代、娯楽費など)
・不明:3万円

【資産状況】
・ボーナスからの貯蓄額:120万円(貯蓄型保険は含まず)
・現在の貯蓄総額:750万円
・現在の投資総額:月2万円積立
(夫:持株1万円、妻:確定拠出年金1万円)
・現在の負債総額:2800万円(住宅ローン:借入額3300万円、35年、ボーナス払いなし)

三澤: ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。老後資金のためにつみたてNISAを始めようか思案中とのこと。

現状からスタートが可能なのか、また、始めても問題ない金額はいくらになるのか、次の手順で考えていきましょう。

1. 家計の現状を把握する(収支が赤字なのか黒字なのか)。
2. 今後10年以内の夢や希望資金のゴールを設定する(目標を達成させるために必要な年数と月々の金額を算出)。
3. ゴール別に貯蓄(ストック)と積立て(フロー)から、いくらずつ回すか金額を振り分け投資金額を決定する。

積立てができる黒字家計かどうかをキャッシュフロー表で確認

現在の家計状況でつみたてNISAを始められるのか? まずは、毎月の家計が黒字になっているのかを確認しましょう。

【1.現在の家計収支】
毎月の支出が手取り月収の中に収まっているのかキャッシュフロー表で確認します。

<キャッシュフロー表の前提条件>
・基本生活費は(食費・水道光熱費・通信費・車両費・お小遣い)とする。
・教育費は、公立小学校・中学・高校、私立大学理系と仮定。小・中・高校までは月々から捻出し、大学は入学時の一時金から充当するものとする。
・保険料のうち貯蓄型7.5万円は、第1子、第2子の教育資金と考え、それぞれ大学入学時に765万円(3.75万円×204ヵ月)と810万円(3.75万円×216ヵ月)を一時金とする。その後の保険料は、第2子大学入学時から医療のみ2.5万円とする。

現状のキャッシュフロー表をみると、第1子の中学入学から月間収支は1万円を下回ってきます。相談者様の心配どおり、今のままつみたてNISAを始めた場合、第2子の中学入学と同時に収支は赤字に転落となり、積立てが継続できなくなってしまいます。

図1

では、不安なくスタートできるよう家計を見直していきましょう。

【2.見直し後の家計収支】
家計の見直しとして、基本生活費のうち通信費を格安スマホなどに切替え1万円の削減。夫の小遣いを4万円に減額し、妻の小遣いを新たに2万円とします。「その他」を6万円から3万円へ、不明金は1万円以内とします。

図2

使途不明金は極力なくしていきましょう。現状の不明金3万円が何に使われたのか気になります。

仮に相談者様にお小遣いがないことで不明金が出てしまっているのであれば、相談者様の小遣いをしっかり予算立てしてください。月々の小遣い金額を決めることで、家計からの不明金を1万円以内とし、娯楽費も予算内で賄えるよう家計管理をしていきましょう。

そうすることで、見直し後のキャッシュフローの月間収支は黒字となり、つみたてNISAをスタートさせることができるでしょう。月々の金額として、年間投資上限額の40万円を12等分した約3万3000円を捻出できそうです。

しかし、この金額で始めてしまってよいものでしょうか。