はじめに

中長期を始めた理由

――クセを見つけた株はとことん追いかけるのですか?

そうです。同じ銘柄で1日に600回売買したこともあります。毎日、毎日、追いかけて動きがなくなるまで追い続けます。

――投資を始めてから6年目の2010年には資産が1億円を超えました。

1億円を超えたときが株式投資をしていていちばんうれしかったですね。個人投資家のみなさんでも、とりあえず1億円を目標にしている方が多かったし、1億円以上がカリスマと呼ばれていた時代でしたから。始めたときは、まさか自分がそこまでいけるとは思っていませんでしたが、9千万円を超えたときから「いけるかな」と自分の中でカウントダウンを始めて、ゴールしたときは達成感がありましたね。

――数年前からデイトレから中長期投資に軸をうつされましたが、その理由は?

中長期投資をやりたかったわけではありません。本当にいやいや始めた感じなんです。デイトレでは1日何億円も動かせるような銘柄はないので、1億円を3倍、4倍に増やすことは難しい。資産が10億円、20億円と大きくなると、デイトレでは効率的にはかせげなくなるんですよ。資産が増えることがモチベーションなので、中長期投資をするしかなかったんですよ。

――デイトレと中長期の利益の比率はどのくらいですか?

利益から言うと、9:1で中長期のほうが大きいですね。

――中長期を始めた頃から資産が急激に増えていますね。

投資している資金が増えたからです。資産に対する利益率は、デイトレの頃は100%とかとっていましたけど、ここ数年は何10%しかとれていません。資金が大きくなれば利益率が減っていくのは仕方がないけど、金額ではもちろん大きくなっています。

やっていることはコツコツと優位性がある銘柄にコツコツとはっているだけで、元本が大きくなったから資産が増えているという感覚です。


テスタさんインタビューは後編に続きます。

(取材協力・松井証券)

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。