はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫が総合商社に勤める高収入世帯の20代夫婦。現在は海外に住んでいますが、帰国後は子どもを私立中学に通わせ、1億円近い住宅を購入したいといいますが……。FPの黒田尚子氏がお答えします。

住宅購入資金と十分な教育資金を確保したく、ご相談しました。

できればもう1人子どもが欲しいのですが、中学から私立に入れることを考えると金銭的に不安があります。3人目はあきらめるべきでしょうか。3人の子どもを中学から私立に通わせ、理想に近い住宅(1億~8000万円程度)を購入するためには、どのように計画を立てていけば実現できますか。

現在は夫が海外駐在中のため、日本で勤めていたときよりも給料が増え、年間500万円程度貯金ができていますが、数年後に帰国した際は給料が下がり貯金のペースが落ちることが予想されます。ただ今後も数回、海外駐在がある予定です。

第一子が3歳を過ぎたタイミングで、私も前職と同程度(手取り年350万円ほど)稼げる正社員として再就職をして家計を助けたいのですが、子ども2人を抱えて就職ができるか不安です。また保育園代が3歳未満は高い上、配偶者が再び海外転勤になった場合にまた退職をする可能性が高いことを考えると、私の再就職が適切かわかりません。

投資は企業型確定拠出年金とiDeCoのみですが、帰国後に貯金の3分の1程度を投資に充てようかと考えています。夫は仕事で交際費がかさむ傾向があり、ここは削れません。車が必須の環境のため、車両費も削れません。保険は貯蓄型で、生命保険料控除枠を考えて契約しています。

<相談者プロフィール>
・女性、28歳、既婚(夫:28歳、総合商社勤務)
・子供2人:1歳、0歳
・職業:専業主婦
・居住地:海外
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の手取りボーナス額:300万円
・毎月の世帯の支出目安:約40万円

【支出の内訳】
・住居費:0万円
・食費:3.5万円
・水道光熱費:2.5万円
・教育費:1.1万円
・保険料:1万円(貯蓄型)
・通信費:0.5万円
・車両費:5万円
・外食・娯楽費:5万円
・被服費:1.5万円
・飛行機代(積立):6万円
・お小遣い:12万円
(夫8万円、妻4万円)
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:1200万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:なし

黒田: ご相談者の貯蓄の目標は、「住宅購入資金」と「教育資金」の2つです。それぞれ予算や進学コースのイメージもあるようですから、それに沿って、どうすれば実現可能か考えてみましょう。