はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、3人の子どもを育てながら、年に1度は海外旅行に行きたいという40代の共働き夫婦。月14万円以上を貯蓄にまわす優秀な家計ですが、改善すべき点はあるのでしょうか。FPの氏家祥美氏がお答えします。

今まで貯金がほとんどできておらず、今後子どもの教育費がさらにかかってくることや老後のことが不安になり、自分なりに家計(通信費、保険費、光熱費)の見直しをして、これまで通り月8万円の積立貯蓄のほか、昨年から以下の積立を始めました。

・積立貯蓄:月8万円
・iDeCo:月2.3万円
・つみたてNISA:月3.3万円
・積立投信(ロボアドバイザー):月1万円

現在42歳ですが、来年再来年あたりにはできれば正社員になりたいと就職先を探しています。子どもも大きくなり、家族で出かけられるのもあと数年かと思うので、年に1度は海外旅行へ行きたいという目標もあります。貯蓄のバランス(預貯金、投資の割合など)はこれでいいのか、またボーナスからの貯蓄を今後はどのようにしていくのがいいのかについて教えていただきたいです。

<相談者プロフィール>
・女性、42歳、既婚(夫:43歳、会社員)
・子ども3人:16歳(高1)13歳(中1)11歳(小5)
・職業:派遣社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:45~51万円
・年間の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出目安:約31万円

【支出の内訳】
・住居費:なし
・食費:10万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万円
・生命保険料:1.1万円
・通信費:1.6万円
・車両費:1.6万円
・お小遣い:5万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:14.6万円
(定期8万円、iDeCo2.3万円、つみたてNISA3.3万円、ロボアド1万円)
・ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
・現在の貯蓄総額:500万円
・現在の投資総額:50万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ