読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫の収入が安定しないため老後の生活費が不安だという49歳のパート主婦。いまある貯蓄で足りるのか知りたいといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

主人の仕事、収入が安定しません。これまで勤務先が2度倒産。現在は4社目ですが、事前通告もなく残業代カット、給料カットなどがあり、夫は「辞めたい」と口にするようになりました。転職を繰り返しているため、退職金は望めず、年金額も一般的な厚生年金の受給額よりかなり少なくなることが予想されます(月10万円ほどを想定しています)。子どもがいないため、将来的には施設に入りたいと思っていますが、老後の生活費が不安です。

老後資金として以前から、外貨建て個人年金保険に加入しており、現在の払込済分が1800万円ほど、今後も16年間、月々約6万円(下記の毎月の貯蓄額がこれです)ずつ支払い、3000万円まで貯める予定です。

田舎に、5年前に義両親から相続した古家がありますが、資産価値は低く、700万円ほどです。維持費に苦労しておりましたが、思い切って貯蓄を切り崩しリフォームしたところ、3ヵ月前から借り手がつき、月7万円の家賃収入があります。ただ、再び空き家になる可能性もあり、今後が見通せないため、現在の収入には加算しませんでした。

自分自身で単純計算したところ、老後の生活費は夫婦二人で月額30万円、老後25年で9000万円必要だと考えています。そのうち3000万円は公的年金、4000万円は外貨建て個人年金保険と貯蓄でカバーできると見込んでいるのですが、見通しが甘いでしょうか?自家用車も持たず、旅行は帰省やお墓参りのみ。自由になるお金がほぼない生活が続いています。

<相談者プロフィール>
・女性、49歳、既婚(夫:52歳、会社員)、子どもなし
・職業:パート
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:31万円
(夫:26万円、妻:5万円)
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:25万円

【支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:なし
・保険料:2.5万円(うち、持病持ちの妻の医療保険が1.7万円)
・通信費:1万円
・車両費:0.5万円
・お小遣い:2万円
・その他:3万円(医療費含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円(外貨建て個人年金保険)
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:1800万円(外貨建て個人年金保険)
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ