はじめに

資産5.5億円の個人投資家www9945さんは現在、国内外の株に幅広く投資しています。前回の成長株投資に続き、今回は配当狙いの投資と、資産の3割を占める外国株投資について聞きました。


インカムとキャピタルが両立するレアな銘柄を発見

――保有銘柄は全部でいくつあるのですか。

日本株は、優待や配当などインカムゲイン狙いの銘柄が51、成長性を見込んだキャピタルゲイン狙いが22銘柄です。外国株は、米国、タイ、ベトナムを中心に85銘柄です。

――配当銘柄ではどのようなセクターを狙っているのでしょうか。

配当狙いの日本株で保有の割合が多いのは、証券コードでいうと9281~9283、9286のインフラファンドです。太陽光発電に投資しているファンドなどで、配当利回りは5.8%から6.1%くらいです。

また、東京海上ホールディングス(8766)も配当狙いで買っているのですが、これは保有後に値上がりしているので、配当狙いでありながら、キャピタルゲイン狙いの銘柄でもあるというレアな銘柄です。

東京海上を買ったのは5,500円でしたので、その時点で換算すると配当利回りは4.1%ほどでした。株価はいま(取材当時)6,100円くらいなので、キャピタルゲインも10%くらい出ています。

――どのような理由で東京海上に注目したのですか?

保険料は、いま流行りのサブスク(リプション)に近いビジネスモデルだと思っています。また、税金が上がると多くの人が文句を言いますが、保険料が上がって文句言う人は少ないですよね。そのような点が評価されれば、株価も上がりやすくなります。株価が上がると配当利回りは下がりますが、東京海上は増配もしているので、その点でも良いかなと思っています。