読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、住宅購入や2人目の子どもがほしいと悩んでいる34歳の主婦。旅行費用や保険料が高いと感じているものの、どれも必要な気がして、何を削ったらいいのかわからないといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

戸建ての家を購入するか、もっと広い家に引っ越したいと思っていますが、金銭的に厳しいのかなと感じています。また、子どもがもう一人ほしいとも思いますが、子どもの将来にかかる費用を考えると躊躇してしまいます。

旅行が大好きで、3ヵ月に1回は近場に、1年に1回は遠出をします。また1年に1回北海道へ帰省もするので、貯蓄はしているものの、旅費として使うお金も意外と多いです(年60万円ほど)。教育費や車の購入費(維持費含む)、子どもをもう1人授かった場合のお金など、大きくかかる出費については、毎月積み立てています。

また、生命保険料が高いような気はしていますが、どれを削ったらいいのかわかりません。内訳は以下の通りです(どちらもがん家系のため、がん保険は外せません)。

・火災保険(個人賠償):5500円
・年金積立:1万5000円
・妻の医療保険(がん保険含む):4000円
・夫の医療保険(がん保険含む):9500円
・収入保障保険:4000円
・死亡保険(葬儀代として):6000円
・学資保険:1万円

どこをどう見直せば、家賃にまわせるお金を増やせるでしょうか。旅費代が多いのは承知していますが、これから幼稚園に通うとなかなか旅行ができないとも思いますし、唯一の楽しみというところでもあります。

<相談者プロフィール>
・女性、34歳、既婚(夫:40歳、会社員)
・子ども1人:3歳
・職業:専業主婦
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:32万円
・年間の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出目安:29万円

【支出の内訳】
・住居費:8.3万円
・食費:2万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:4万円
・保険料:5.4万円
・通信費:1.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:3.3万円
・その他:3万円(医療費含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:900万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ