読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、「結婚をあきらめた」という33歳の女性。自称ケチで結構貯めてきたといいますが、老後への備えとして問題ないか気になるといいます。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

彼氏との同棲を解消しました。結婚をあきらめたので生涯独身で生きていこうと思います。

一生できる仕事を見つけたく、転職を繰り返し、今の職場を見つけました。契約社員で給料は少ないですが、居心地がよくストレスも少ない会社です。キャリアアップも望んでいないので、ずっとこちらで働きたいと考えています。

長く実家暮らしをしていたので、お金は結構、貯めることができています。すべて現金で持っているので、このままでいいのか不安に思って無料のセミナーを受けたところ、このままではダメだとわかったのでiDeCoとつみたてNISAを始めてみました。

住居は、もう少し安い賃料の物件に移り住み、老後も住めるといいなと思っています。かなりケチな性格で、保険や通信費はかなり削っていますし、美容院は半年に一度、化粧品はプチプラブランド、毎日自炊をしているという状況です。ただ、飲みに行くとお金を使いがちなのと、ランニングが趣味でマラソン大会などにも出るためシューズなどにお金をかけています。

このような状況で、老後への準備は大丈夫でしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、33歳、未婚
・職業:会社員(契約社員)
・毎月の手取り金額:18.2万円
・年間の手取りボーナス額:なし
・貯蓄:普通預金920万円

【支出の内訳(20.1万円)】
・住居費(家賃):6.2万円
・食費:2.3万円
・生命保険料:0.3万円
・通信費:0.3万円
・交際費:3万円
・被服・美容費:0.2万円
・娯楽費:1万円
・医療費:0.4万円
・日用品代:0.3万円
・iDeCo・つみたてNISA:5.6万円
・その他:0.5万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ