読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、余裕資金でもっと積極的に投資をしたいという31歳の共働き主婦。注意点や投資方法を知りたいといいますが……。FPの横田健一氏がお答えします。

夫婦共働き、子どもはいません。余裕資金が貯まってきたので、投資を考えています。

現在、妻の給与は天引き(家賃、確定拠出年金)を除いて、すべて貯蓄にまわしています。昨年から勤務先で財形貯蓄と持ち株を始め、日本株を約100万円保有しました。

今年から夫婦ふたりで、つみたてNISAで米国株投資信託への投資を始める予定です(年間80万円ほど)。夫は昨年、個人資産を元に少額でFXを実践し、今年は家計(資金50~100万円程度を想定)での運用も考えているようです。また、夫の確定拠出年金の自己負担額(年間30万円)を増やす予定のため、流動性の高い預金は少なくなる予定です。

これから子どもも欲しいので、無理のない範囲でとは思いますが、できれば積極的に投資していきたいと思っています。投資の注意点やおすすめの投資方法などがあれば、ご教示いただけないでしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、31歳、既婚(夫:28歳、会社員)、子どもなし
・職業:会社員
・居住形態:社宅
・毎月の手取り金額:45~50万円
(夫:28~32万円、妻:17~18万円※給与天引き後)
・年間の手取りボーナス額:220万円
・毎月の世帯の支出目安:27万円

【支出の内訳】
・住居費:2.4万円(給与天引き)
・食費:4万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:2.8万円(うち貯蓄型2万円、0.8万円は給与天引き)
・通信費:1.2万円
・車両費:2万円
・お小遣い:6万円
・その他:7万円(車両保険、税金、帰省費など)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:18万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:110万円
・現在の貯蓄総額:1180万円
(普通預金800万円、定期270万円、財形110万円)
・現在の投資総額:417万円
(日本株100万円、投資信託5万円、持ち株12万円、妻の確定拠出年金200万円、夫の確定拠出年金100万円)
・現在の負債総額:なし

横田: ご相談いただきましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャル・プランナー、横田健一です。

手元にある余裕資金を活用してもう少し積極的に投資を行っていきたい、というご相談ですね。

まずは手元のお金を4つに整理

現在お持ちの金融資産は、貯蓄総額1180万円、投資総額417万円の合計1597万円となっています。まずは、お金を次の4つに分けて整理してみましょう。

1.ふだん使うお金 (日常生活費として、1.5ヶ月程度の生活費)
2.とっておくお金 (生活防衛資金として、1年程度の生活費)
3.もうすぐ使うお金 (ライフイベント準備金)
4.老後に使うお金 (老後資金として、上記3つにあてはまらないお金)

ご相談者様の生活費は月額27万円、将来的にはお子さんが欲しいものの、現時点で明確になっているライフイベントはなさそうですので、次のような形で整理できるかと思います(1万円未満切り捨て)。

1.ふだん使うお金: 40万円(27万円✕1.5ヶ月)
2.とっておくお金: 324万円(27万円✕12ヶ月)
3.もうすぐ使うお金: 0万円
4.老後に使うお金: 1232万円