読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、60歳までにいくら必要なのか知りたいという31歳の共働き主婦。定年までの30年間でいくら貯めたらよいのでしょうか。FPの氏家祥美氏がお答えします。

老後に夫婦2人暮らしていくためには、定年退職までの30年間でいくら貯金したらいいのでしょうか。2人とも正社員です。年収は、夫500万円、妻400万円ほど。夫の勤務先には退職金制度がありません。妻の私には退職金がありますが、おそらく1000万円程度です。

現在は、毎月の貯蓄のほか、子どもの学資保険(250万円)と夫の確定拠出年金に積み立てています。夫の確定拠出年金は年額70万円ほどです。その他は日々の生活や遊興費として使ってしまい、あまり貯まりません。

60歳までにいくらを目標に貯めたら人生困らないのか、教えてください。

<相談者プロフィール>
・女性、31歳、既婚(夫:29歳、会社員)
・子ども2人:5歳、3歳
・職業:会社員(フルタイム)
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の世帯の手取り金額:53万円
(夫:31万円、妻:22万円)
・年間の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出目安:45万円

【支出の内訳】
・住居費:12万円(管理費含む)
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万円
・保険料:2万円(学資保険含む)
・通信費:2万円
・車両費:1万円
・お小遣い:10万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:50万円(夫の確定拠出年金)
・現在の負債総額:3000万円(住宅ローン:残期間30年)

氏家: 今回は、妻31歳、夫29歳の共働きのご夫婦からのご相談です。

現在、5歳と3歳のお子さんがいる4人家族で、持ち家のマンションにお住まいです。「60歳までにいくら貯めたら人生困らないのか教えてほしい」というご相談にお答えします。

若いって素晴らしい!

今回のご相談を拝見して、最初に感じたのが「若いって素晴らしい」ということ。最近は結婚年齢が上昇し、第1子出産年齢も上昇傾向にありますが、こちらのご夫婦は30歳前後にしてすでに二人のお子さんをお持ちです。下の子が大学を卒業するときに、妻50歳、夫48歳という若さです。ほかの家庭がこれから教育費のピークに入るという年齢で、教育資金から解放されて、老後資金を粛々と貯めていける期間が10年以上もあるのです。

住宅ローンもあと3000万円ありますが、残年数はあと30年。淡々と返していきさえすれば、夫60歳までに完済できます。きっと教育費が終了したら、繰り上げ返済をしていくことになるでしょう。ということで、老後に住宅ローン返済に追われる心配もありません。