読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、積立投資を始めたいという32歳の女性。初心者が投資を始める際に最低限知っておくべきこととは何でしょうか。FPの秋山芳生氏がお答えします。

投資初心者です。積立投資を始めようと思っていますが、インデックスファンドか、つみたてNISA、どちらにするかで迷っています。二つの違いと、それぞれがどんな人に向いているのか知りたいです。よろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・女性、32歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:18万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出目安:15万円

【支出の内訳】
・住居費:6万円
・食費:2万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1万円
・車両費:なし
・お小遣い:1万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1~3万円
・ボーナスからの貯蓄額:50万円
・現在の貯蓄総額:80万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

秋山: ご質問をいただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの秋山です。

積立投資を検討していて、どのような手法があるのかを知りたいのですね。ご相談者様は投資初心者とのことですので、まず投資の全体像をお伝えし、その上で最適な選択ができるようになっていただければと思います。

大切なのは「何のために、何に投資をするのか」

まず投資を始める前に、「何のために、何に投資をするのか」を考えていただきたいと思います。

老後にむけて資産形成をするということであれば、投資をしてリターンが出たら再投資に回すという複利の効果を活用していくことができると思います。

一方、2年後、3年後に必要なお金は、投資で増やそうとするとギャンブル性が増していきます。例えば、2、3年先に考えている結婚資金や、住宅購入の頭金などは、相場が下がっていると損をして引き出しづらくなるので、投資ではなく貯蓄で用意することをおすすめします。

長期的な成長が期待できる投資商品とは?

今回は、多くの方にとっての課題である老後にむけた長期投資をベースに考えていきたいと思います。

何に投資をするかですが、「長期的に成長することがわかっているもの」に投資していきたいですよね。そんなものあるの? と思われるかもしれませんが、かなりの確率で成長することがわかっているのは、世界経済です。

世界経済の成長度合いは、各国々の国内総生産(GDP:その国が生み出した価値の総和)を足し上げたもので考えられます。そもそもGDPは、「人口×一人当たりの生産性」で表されます。つまり、世界GDPは「世界の人口×一人当たりの生産性」ということになります。

2020年現在の世界の人口は約78億人。2050年代には100億人を超えるといわれています。日本は少子高齢化で人口が少なくなっていますが、世界ではまだまだ若い人が多く、人口は拡大傾向にあります。

さらにインターネットの普及から、どこにいても高い教育を受けることが可能になってきています。例えばアマゾンのジャングルの中でも、スタンフォード大学の授業をライブで視聴することは物理的に可能なのです。そして、5Gや量子コンピュータ、ドローン、AI、自動運転、医療発展などを考えると、生産性は拡大し続けていくことが想定されます。

ですので、「人口拡大×生産性拡大=世界は発展する」ということになります。