はじめに

お金を残す家計づくりに大切な3つのこと

家計は「収入」「支出」で成り立っています。この収支のバランスにより、赤字になったり、蓄えがしっかり残せたりします。この収支のバランスを取り、お金を残すために大切なことは、

(1)収入を増やす
(2)支出をコントロールする

まずはこの2つです。そして、将来に向けお金を蓄えるために

(3)資産形成をする(貯める、運用する)

ことも大切です。

家計の準備なしに(3)の資産形成に取り組むことはできないので、まずは(1)の収入を増やす、(2)の支出をコントロールするところから始めます。

では、どちらから取り組み始めることが可能でしょうか。相談者さんは収入を増やすことに取り組みたいと考えていますが、今はまだ実現できる目処がしっかり立っていません。ですから、支出をコントロールするところから始めると良いでしょう。

贅沢はしていないとおっしゃいますが、支出状況を拝見すると、支出の仕方を見直せば減らせそうな部分がいくつかあります。必要な支出を無理に削減する必要はなく、必要度の低い支出を減らす、削減していけば良いのです。無理だ、難しいと先入観を持つのではなく、暮らしに必要なものを選別していくと考え、支出の振り返りをしてみましょう。

支出の振り返りのコツ

日頃家計簿をつけているなら、それに基づいて月に1度、支出1つずつについて振り返ってみましょう。生活に必要な「消費」と判断できる支出なのか、単なる無駄遣いと思える「浪費」なのか、将来につながる勉強、蓄えそのものとなる「投資」と言える支出なのか。その判断は相談者さんのご家庭の暮らし方や価値観、考え方によるものですから、ご主人と話し合って判断すると良いと思います。

そうすることで、徐々に自分の家計がどういう支出が多く、「消費・浪費・投資」のどういう要素を多く持っているのかなど、特徴が見えてきます。すると、どこを改善するとお金が残るのかも見えてくるのです。

もし、家計簿をつけてない場合は、買い物をするごとにレシートを「消費」「浪費」「投資」に分けた箱や袋に入れ、あとで集計してみると良いでしょう。

すると、例えば「食費が72000円かかっているけれど、外食と惣菜が多かったから、自炊を増やしてみよう」と行動を変えることができれば、支出の削減が期待できます。また、お子さんが小さい時にかかりがちなおむつなどの消耗品代についても支出の工夫が見えてくるかもしれません。

こういった振り返りが習慣化できると、「スマホとタブレット、両方とも通信の契約が必要か」と考えるようになるかもしれません。もし用途がお子さんの動画視聴が主になるようであれば、1台は通信契約を無しにして自宅ネット回線を利用すると考えることもできます。スマホも使い方によっては「通話が多いからキャリア利用がいい」「通話は少ないけれど、繋がりが良い方が良いから、準キャリアで」「こだわらないし通話も少ないから格安業者で」などと、契約の仕方を選ぶことができます。そうすると、不満なく、利用料を下げるということができるかもしれません。