はじめに

資産運用してお金にも働いてもらう

上記でもお伝えしたようにお金を効率よく増やすためには、お金にも働いてもらうことが必要です。

投資というと、なかなかハードルが高いのですが、初心者でもリスクを低くしながら安定的にお金を増やしていける制度として注目されているのが「つみたてNISA」です。「つみたてNISA」は年間40万円までが投資上限金額ですが、投資で得られた利益が最大20年間非課税になる制度です。

金融庁のデータによると、国内・先進国・新興国の株、債券に分散投資をした場合の年平均利回りは、4%程度とのこと。仮に「つみたてNISA」を活用して、バランス型の投資信託で運用したとしましょう。今から70歳まで13年間、毎月3万円を4%の利回りで運用することができれば、約612万円(積立元本は468万円)になります。

60歳までに貯めた324万円の貯蓄を70歳まで取り崩さなければ、70歳までには1000万円程度の貯蓄ができていることになります。今後、相談者さんの年金がどこまで増えるのかにもよりますが、ある程度の目処は立つのではないでしょうか。

「長く働く」「年金を増やす」「お金に働いてもらう」が希望に

60歳以降も手取りで15万円程度の収入を得続けるのは、なかなか難しいかもしれませんし、経済状況は目まぐるしく変わるので、今後はどうなるかわかりませんが、ひとまず、現時点でできることをお話しさせていただきました。長く働き続けること、年金を増やすこと、お金にも働いてもらうこと、この3つを確実に実行していくことが未来を開いていくことにつながると思います。よかったら参考にしていただけると幸いです。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。