読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、41歳、2人の子どもの子育て中の女性。間も無くフルタイムに復帰する予定ですが、長時間勤務が厳しいと言います。かといって、夫の給料だけでは赤字に……。FPの横山光昭氏がお答えします。

共働き夫婦です。4歳と2歳の2人の子どもを保育園に預け、私は時短で働いています。時短勤務は下の子どもが3歳になるまでなので、もう少しで終了となります。それ以降は通常の勤務体制になり、残業で21、22時まで仕事という日も出てくると思うので、働き方について悩んでいます。

夫は夫で忙しく、帰りが遅いので、面倒を見てもらうことを期待できません。ならば私が仕事を辞め、子どもの面倒を見ていくほうが良いのではないかと思っています。

今の家計は、二人の収入で収支がトントンという状況です。3歳になれば下の子の保育料もかからなくなるので負担は減るのですが、夫一人の収入ではそれでも毎月10万円ほどの赤字が出るだろうと思い、なかなか決断できません。

シッターさんに子どもたちのお迎えや夜の食事、お風呂、寝かしつけなどお願いして働き続けることも1つかと思いますが、夜の帰りが遅くなり、子どもと触れ合う時間が減ることに抵抗があります。

私が仕事を辞めても、支出を見直し、工夫をしていけば、夫一人の収入でも暮らしていけるようになるのでしょうか。

<相談者プロフィール>
・女性、41歳、会社員・時短勤務(夫:44歳、会社員)
・子ども:2人(長男4歳、長女2歳)
・毎月の手取り月収:相談者19.8万円、夫35.5万円
・年間の手取りボーナス:相談者約60万円、夫約280万円
・貯金額:320万円

<支出状況(総支出額:50.3万円)>
・住居費:8.3万円(住宅ローン)
・食費:7.9万円
・水道光熱費:1.6万円
・通信費:1万円(スマホ2台、ネット回線)
・生命保険料:3.2万円
・自動車関連費:3.6万円(ローン、任意保険、ガソリン)
・日用品代:1.4万円
・医療費:0.5万円
・教育費(保育料):8.6万円(2歳児の実費込保育料、4歳の実費)
・交通費:1.2万円
・被服費:3.3万円
・こづかい:5.5万円(夫3万円:妻2.5万円)
・その他:4.2万円

横山: お子さんが3歳になると、仕事を続けるにしろ辞めるにしろ、保育料分の支出が減ります。支出状況を見たところ、毎月5万円ほどは余剰金となる計算ですが、これをきちんと貯められるでしょうか。今後はお子さんの教育費も、ご夫婦の老後資金も貯めていかなくてはいけません。毎月を乗り切る事だけではなく、貯めることも考えていきましょう。

共働きの家計は全体的に支出が多くなりがち

支出状況を見ると、各費目の支出が多めで、いわゆるメタボ家計であることが分かります。極端に多いというわけではなく、全体的に多いのです。

共働きのご家庭は、時間がない、疲れているというところから、外食費を含めた食費、日用品やご夫婦それぞれの趣味への支出などが高くなりがちです。お子さんがいれば、保育園へ送迎するときの電動自転車・自動車の維持費用、雨が降ったらお子さんと乗り込むタクシー代など、かかる費用も増えがちなので、全体的に支出が多めであることに気が付いたとしても、「仕方がない」で済ませてしまっているように思います。

実際にやむを得ない部分も確かにあるのですが、それでも支出のひとつずつが「必要だったかどうか」という視点で振り返り、ムダを見つけ、減らしていきましょう。

相談者さんは、すでに格安スマホを利用していたり、生命保険を見直したり、保育料に関心があったりと、固定費の見直しと支出削減の行動はできているように思います。次は、食費、日用品代、被服費などの変動費部分を「必要だったかどうか」という視点で見直してみてもよいでしょう。