はじめに

相談者ができる家計改善の3つの対策

対策1:家計の見直しをして、支出の見直しを行う
年収に対して生活費の目安は35%~40%程度です。年間50万円程度支出を減らすのが理想です。

対策2:奥様がパートで100万円程度働く。
家計の見直しだけで貯蓄が足りない場合、収入を増やす必要があります。ご主人の収入が増えて行けば良いですが、一定だと想定した場合、奥様が働く余地があるのであれば、パートでも働きましょう。家計に与えるインパクトは大きいです。

対策3:計画的に住宅ローンの繰上げ返済をする。
教育費の目途が立ったら繰上げ返済を考えましょう。仮に教育費が終わる54歳から年間100万円ずつ繰上げ返済をすると、60歳で返済が終わる計算となります。この繰上げ返済による利息軽減効果は、約33万円です。その時の手元資金を考慮しながら、場合によってはもう少し早めから繰上げ返済をしても良いかもしれません。