読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳会社員の男性。管理職に昇進し、残業代と住宅補助がなくなって家計が厳しくなったけれど、子どもが小学生のうちに家を購入したいそうですが…。FPの高山一惠氏がお答えします。

管理職となり残業と住宅補助もなくなったため月の収入が20万以上落ちました。それまでにためた貯金が3000万程度ありますが、現在は収支がとんとんです。単身赴任のため食費含めいろいろとお金がかかっています。

こういった状況ですが、戸建て住宅の購入を考えています。子どもが小学生のうちに自宅を構えたいと考えていますが、働いてもあと15年程度ということもあり、老後の蓄え等考えても住宅購入が妥当かどうか悩んでいます。住宅購入想定金額は3500万円です。

【相談者プロフィール】
・男性、51歳、既婚(妻:46歳、専業主婦)
・職業:会社員
・子ども:1人(10歳)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:42万
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出の目安:42万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:9万円(家族で6万、私3万)
・水道光熱費:2.5万円
・教育費:2.5万円(英会話、ピアノ、通信教材)
・保険料:4.5万円(私2万、妻1.5万、個人年金1万)
・通信費:2.5万円
・車両費:7.5万円(駐車場、車検、駐車代、修理代含む2台分)
・お小遣い:特に決めていない
・その他:3.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0
・ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
・現在の貯蓄総額:3200万円
・現在の投資総額:0
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ