読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳会社員の男性。セミリタイヤを目標に積極的に資産運用に取り組んでいるそう。投資方針は適切でしょうか? FPの横田健一氏がお答えします。

私は28歳の会社員ですが、お金に縛られず、人生において自由な選択ができるようになること(セミリタイア含む)を目標に、積極的に資産運用に取り組んでいます。具体的には、50歳を目途に年間200〜300万円程度の配当金を得ることを目標にしていますが、目標実現のために下記投資方針が適切か否か、ご意見を頂けますと幸いです。

■投資方針
・長期保有(30~40年)を前提
・毎月約30万円を投資に充当
⇒つみたてNISA枠での投資額(夫婦で約6万5千円)を含む
金額は余力資金の状況により増減させる(月の手取額から生活費を差し引いた金額)
・個別銘柄を運用する力量が無いため、インデックス型のETFを購入
・購入商品は以下の通り(つみたてNISA分以外は全て米ドル建て 購入商品のティッカーと月の購入金額を記載)
 米国株ETF(VTI、楽天VTI)12万円
 米国除く先進国株ETF(VEA)4万円
 新興国株ETF(VWO)8万円
 全世界債権ETF(BNDW)4万円
 金ETF(GLDM)2万円
・年齢を重ねるにつれて、安全資産(債権等)の割合を増やす
・iDeCoについては、60歳まで資金拘束があることに対して抵抗感を感じるため、加入していない(夫の勤務する会社は確定拠出年金あり)

■補足情報
・夫婦ともに正社員で共働きを継続する。
・将来の働き方や居住地にフレキシビリティを持たせたいため、住宅購入は考えていない
・車の保有、保険の加入も現状考えていない
・子どもは1人だけ欲しい。
・預貯金の一部は祖父母からの贈与によるもの
・状況変化に対して柔軟な対応ができるような体制づくりをしたい

‘【相談者プロフィール】
・男性、28歳、既婚(妻:28歳)
・職業:会社員
・子ども:なし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:45万円(夫25万円 妻20万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円(夫130万円 妻20万円)
・毎月の世帯の支出の目安:12万円

【毎月の支出内訳】
・住居費:0円(給与天引き)
・食費:3万円(外食費を除く)
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:0円
・保険料:0円
・通信費:1万円
・車両費:0円
・お小遣い:5万円(夫3万 妻2万 外食費を含む)
・その他:1.5万円(消耗品購入、旅行、帰省、家電・家具等買い替え費用を月割りで計算)
【資産状況】
毎月の貯蓄額:33万円(投資30万、貯金3万)
ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
現在の貯蓄総額:約2000万円
現在の投資総額:約2000万円(米国株ETF800万、先進国株ETF300万、新興国株ETF500万、全世界債権ETF300万円、金ETF100万円)
現在の負債総額:0円

横田: ご相談頂きましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャル・プランナー、横田健一です。

50歳を目途に年間200〜300万円程度の配当金を得るという目標を達成するための投資方針が適切かどうか、というご相談ですね。お金に縛られず、人生において自由な選択ができるように、という明確なお考えをお持ちで素晴らしいと思います。

では、早速ご説明させて頂きます。