はじめに

今回の壮行会、本当に自分にとっては大切な人々が多数訪れてくれましたが、全員があっての現在です。結局仕事人として成長・躍進するためには誰かの関与が必要となってくるのです。互いが互いを高め合い、一緒に成長していく。相手を利用すると考えるのではなく、相手への貢献も視野に入れた上で、互いに仕事を進めていく。かくして人は一つ高みに行けるのです。

柿内さんについては本当にお世話になりました。彼がいたからこそ本が出せ、その後様々なオファーをいただき、恵まれた人生を送ることができました。ですので、「この出会いは素晴らしい!」とJ-POPの歌詞のような出会いがあった場合は徹底的にその出会いを深くすることを考え、その人と切磋琢磨しながら仕事を完遂していけば、幸せな仕事人人生を送れるのではないでしょうか。

今回登場した約20人とは1人を除き、「仕事」を通じて出会いました。幼馴染や学生時代の友人は常見氏のみで、仕事を通じて培った友情やら愛情あってこその社会人だよな~、としみじみ思うのです。

この記事は参考になりましたか?