はじめに

高収入の相談者だけれども…

現在の収入は、毎月手取りで45万円にボーナスで85万円ということは額面年収にすると850万円くらいですので、ご収入は高いほうだと思います。月の貯蓄は5万円でボーナスでは30万円ほどが残っている状態なので、年間の収支は90万円のプラスということですね。

住宅は戸建ての持ち家とのことで、3,000万円ほどの住宅ローンが残っているのだと思います。「つみたてNISAをやっている」とのことですが、投資総額は1万円ですので「投資はまだまだ始めたて」ということだと思います。

ご相談者様の状況によってアドバイスも変わってくるので、家計と資産状況とご質問の内容からプロファイリングをしていきたいと思います。

相談者の家計をプロファイリングしてみる

・2年ほど前に、「子どもも生まれるし、家を買って暮らそう」と、一大決心をする。マンションか一軒家かを迷うが、「自動車もあるし駐車場代を考えると一軒家がいい」と話して戸建てを購入。変動金利でざっくり0.5%前後の変動金利で住宅ローンを35年返済で借りる。それまで貯めたお金も、住宅の頭金や引っ越し、家具などの購入で一旦底をつく。8万2,000円の返済金額を毎月欠かさず2年ほど返済しており、残りは33年間残っている。35歳の時に借り始めたので、70歳まで返済が続くことになるけれど、「銀行も貸してくれるってことは返せると思っているからだし、まぁその時はその時でなんとかなるだろ」と、考えるのをやめる。(秋山:現在の貯蓄が180万円で、年間貯蓄額が90万円から約2年で貯めたと考える。資産がほぼゼロからはじめたことになるので、そのタイミングで家を購入し頭金に充当していると推察。またお子さんが生まれたタイミングも考慮しています)

・住宅購入と子どもの誕生で、「保険に入らなきゃ」と思い、ファイナンシャルプランナーに相談。ただし、有料のファイナンシャルプランナーではなく無料相談で、実は保険の営業マン。ライフプランを組んでもらうとともに、住宅ローンの返済計画を無料でつくってもらい「無料でここまでしてくれた。この人はいい人だ」と、しっかり保険の営業マンを信頼する。その中で、以下のような保険の営業を受ける。
「今は、お金を銀行にあずけても超低金利の0.001%。100万円預けても10円しか増えない
時代です。ドル建ての(または豪ドル建て)変額終身保険であれば、予定利率は3%です。もしものことがあったら死亡保険金も支払われるので、子どもの学資保険がわりにもなるしいかがですか?しかも、保険料控除が使えるので年末調整で税金が少し戻ってきますよ」
こう言われ、妻からも「お金増やさないといけないけど、投資は怖いし、保険なら安心なんじゃない? 学資保険は必要だし入ったらいいと思う」と、疑うことなく生命保険とともに変額終身保険に加入。(秋山:2万9,000円の保険料より推察)

・格安携帯には興味があるが、妻も含め、3大キャリア(docomo,au,softbank)の携帯電話を長年使っており、長期割や家族割にも加入しているので変えたくない。自宅に引いた光回線も携帯電話と同系列の会社にしているので、さらに変えるのが面倒くさくなっている。(秋山:3万円の通信費より推察)

・妻は2人目を妊娠しており1歳の子育てもしながらなので、自炊するのが難しい。自分は仕事に行く日は基本すべて外食。(秋山:3人で月に10万円の食費より推察)

・仕事は結構頑張っているし、給料も一般的な人と比べて稼いでいる方だと思うけれど、生活はあまり楽ではない。自分より収入低い人も多いけど、もっと贅沢している人もいるのに、なんで我が家はお金に余裕が無いんだろうと思いはじめる。
「あー、たまには昔みたいにパーッと男友達とロックフェスにでも行って、温泉泊まってきたいなー。あー、お小遣いほしい。投資で増えないかなー。つみたてNISAやってみたけど、1万円だとたいして増えない。株で儲かったっていう人もいるし、ちょっとやってみたいな。軽くマネープラスで相談してみようか」

さて、どうでしょうか。多少の私の妄想と装飾はありますが、それほど外れていないんじゃないでしょうか?