はじめに

妻公認のお小遣いをUPを目指しては?

上記がうまくできれば、月の収支が7万円から10万円は改善してくるのではないでしょうか。年間で84万円から120万円が浮いてくれば、貯蓄や資産形成に充てながらも、もしかすると「妻公認」のお小遣いアップも可能ではないかと思います。

ポイントとしてはまず固定費を減らす努力をすると、後々節約の無理がなく、さもしくならないので成功しやすいと思います。食費は習慣づくりが重要になってくるので、奥様と協力しながら一緒に改善できるポイントを探していけると良いでしょう。

固定費の他にも変動費も支出の穴が大きいと、稼いでも稼いでも貯まりづらい状況になりますので、夫婦で支出の改善をするとともに、資産形成をしっかりすることを考えいただければ幸いです。

本来ならFPとしてお小遣いを増やしたいという相談の場合は、収入を増やすために副業をすすめることが多いのですが、身重の奥様と1歳の子どものことを考えると、副業や労働時間を伸ばすのは「今ではない」かもしれません。そして、何事も内緒ではなく、協力体制をつくることが強い家計を作る上で重要だと思います。ぜひ、夫婦で力を合わせて安心の家計づくりと資産形成とお小遣いのUPを勝ち取っていただき、素敵な未来を築いていただければ嬉しく思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。