はじめに

勝間和代さんは、早稲田大学ファイナンスMBAを卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーやJPモルガンで働いた経歴を持つ”お金のスペシャリスト。そんな勝間さんに、「お金」や「人生」の哲学を、著書『圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100』(KADOKAWA)から一部抜粋して紹介します。
〈撮影:疋田千里〉


余裕があれば日本のリートと先進国のリート両方を買う

貯蓄をするなら投資信託のドルコスト平均法による積み立てがよく、実際に買ってほしい金融商品として、「全世界株式インデックス」と「日本株式インデックス」がおすすめです。

実はもう1つ、おすすめがあります。それが、「不動産投資信託」です。通称「リート(REIT)」と呼ばれていて、オフィスビルや商業施設、居住用マンションなどの不動産に投資して、テナントからの賃料という比較的安定した収入源を元に運用する金融商品です。

投資家から集めた資金だけではなく、銀行などの金融機関からの借入金も入れて大きな取引にするため、レバレッジがかかる、すなわち、自己資本に対する利回りが上がります。その分高い配当利回りが期待できる、ミドルリスク・ミドルリターンであることがおすすめする理由です。

なお、リートは積立NISAの対象外ですので通常の口座か、NISA口座を使ってください。

リートで買うべきは、株式の商品と同様に、不動産市場全体の動向を示す指数(リートインデックス)と同じように値動きするように作られたインデックスの商品です。

日本のリート(通称Jリート)のほか、先進国のリートと新興国のリートがありますが、お金に余裕がある方は日本と先進国の両方を買ってください。どちらか片方だけがいい場合で、住んでいる家が賃貸住宅の人は、日本のリートインデックスをおすすめします。

なぜかというと、家賃は不動産が値上がりすると上がりますが、そのときはリートの価値も上がるので、日本のものを買っていると家賃が上がった分をリスクヘッジできるからです。

いっぽう、持ち家に住んでいる人は、日本のリートを選ぶメリットは特にないので、先進国のリートインデックスにするほうがバランスがいいと思います。