はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳、会社員の男性。会社に退職金制度がないため老後資金のために投資を始めたという相談者。老後が不安なため、支出をできるだけ絞って投資に回したいといいますが…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏がお答えします。

もっと投資にお金を回したいと思っています。投資のために、支出をさらに削りたいのですが、どのように絞るとよいでしょうか。現在も結構がんばっているのですが、まだ絞りたいです。

自分が勤める会社は退職金制度がなく、自力で人よりも多く老後資金を作らなくてはいけません。今まではあまり貯金しようとも思わず、ほとんど貯めていませんでした。ですが、年金が減るとか、老後破綻などの話を聞くうちにだんだんと将来が不安に思え、老後資金を今からしっかり作らなくてはと思ったのです。

そのため1年ほど前からiDeCoを始めています。貯金よりもかなり利回りがよく、効率が良いと感じました。このままいけば貯金をするよりも、投資で老後資金がしっかりできるのではないかと自信が持てたのです。

iDeCoだけでは金額が少ないと思い、つみたてNISAも始めました。が、それでも足りないように感じ、普通の積立投資やもしています。毎月の積立額は何とかひねり出して10万円ほどです。

この投資資金を出すために、スーツや靴の新調や散髪など身なりに関しては、ボーナス支給の時まで我慢する覚悟をもってやっています。食費はランチまたは夕食を摂らない日を決め、節約しています。飲み会なども参加しません。とにかく徹底して削っているつもりですが、まだやれるところがあると思うのです。

どこに注目して支出を削減すべきでしょうか。アドバイスをお願いします。

【相談者プロフィール】
・男性、36歳、会社員、独身
・毎月の手取り収入:29万3,000円
・年間の手取りボーナス:約69万円
・貯金:約20万円
・投資:iDeCo約29万円、つみたてNISA約14万円、積立投資約19万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万2,000 円(賃貸)
・食費:2万7,000 円
・水道光熱費:1万4,000 円
・通信費:9,000 円(スマホ代。ネット回線はマンションについている)
・生命保険:7,000 円
・日用品代:6,000 円
・交通費:6,000 円
・被服費:5,000 円
・交際費:0 円
・iDeCo:2万3,000 円
・つみたてNISA:3万3,000 円
・積立投資:4万5,000 円
・その他:2万6,000 円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ