はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、パートの女性。住宅の購入と、妊娠を希望していますが、貯蓄も収入に不安があり、また、どのようにやりくりをすればよいか分からないとのこと。FPの高山一惠氏がお答えします。

昨年結婚し、住宅を購入したいが、夫が今年で40歳、収入が少なく貯蓄も少ない。また、子どももこれからほしいと考えているが、生活していけるか分からない。子どもを育てる場合、自分の仕事を減らさなければいけない可能性もあり、どのようにやりくりしていけばいいか分かりません。将来を考えてどのくらい貯蓄したらいいかも不安です。

家賃、水光熱費、保険料は夫給与からで、差し引いた分が夫の小遣い、食費や生活用品、ガソリン代などは妻給与から出し、残りを貯蓄にしています。

現在購入を検討している住宅は、物件購入額2600万円、金利0.56%、返済期間25年(夫の定年までに完済)を予定しています。

【相談者プロフィール】
・女性、30歳、パート、既婚
・同居家族について:
夫(39歳)医療技術職年収380万、自分パート月収18万、介護の世話なし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:33万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:70万円
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万5,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:2万3,000円
・保険料:4,000円(妻分) 夫分は親負担により0
・通信費:1万7,000円
・車両費:5,000円
・お小遣い:0円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:220万円(160万は妻独身時の貯蓄)
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円

高山:ご相談ありがとうございます。収入や貯蓄が少ない中、今後のライフプランを考えると、不安なご様子。確かに、先行き不透明な中、色々と不安になってしまうお気持ちよくわかります。不安を払拭するためには、いつ、どの時点で、いくらかかるのかを「見える化」することです。「見える化」することで、計画も立てやすくなります。今回は、今後のライフプランを考えるにあたっての基本的な考え方を中心にお話させていただきます。