はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、35歳、会社員の男性。マンションの買い替えを計画しているという相談者。教育費や老後資金のことも考慮した、家計とライフプランの見直しポイントは? FPの秋山芳生氏がお答えします。

家の買い替えや老後の備えのため、10年後に貯蓄(資産総額)を3,000万円にしたいが、住居費が重く、なかなか貯められない。どちらも退職金がないため、夫婦でiDeCo、つみたてNISAは上限まで投資し、不動産投資なども考えていきたいと思っているが、頭金にすることで貯蓄を減らすことに不安がある。子どもの教育費はジュニアNISAで上限の320万円ずつ、計640万円を4年かけて投入しようと思っている。

【相談者プロフィール】
・男性、35歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 妻38歳、ともに会社員。月収は夫50万円、妻は育休中で20万円
 こども2人(0歳、3歳)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:75万円
・毎月の世帯の支出の目安:55万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:20万円
・食費:14万円
・水道光熱費:2万5,000円
・教育費:2万5,000円
・保険料:5,000円
・通信費:7,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:5万円
・その他:奨学金2.5(無利子0.5万円、2万円は金利0.5%で残り3年程度)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5~15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:1,400万円
・現在の投資総額:500万円
・現在の負債総額:6,300万円
・住宅ローン:(都心マンション)物件購入額7,000万円、借入額7,000万円、金利0.48%、返済期間35年、残債6,300万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。しっかりと貯蓄や投資もできていると思いますし、改善点もそれほどないように思いますよ。とはいえ、住宅ローンの返済額はかなり大きいと思います。そんな中でも、後10年に資産を3,000万円にしていきたいのですね。実現に向けて一緒に考えていければと思います。