はじめに

不動産を買うにあたり、大きな壁となるのが資金調達です。金融機関の融資が受けやすくなる方法について、前回前々回に引き続き、資産100億円投資家の玉川陽介さんに聞きました。


融資が出る条件をリサーチ

――資産100億円、物件数30を超える規模になると、融資を受ける金融機関の数も必然的に増えますね。

そうですね。現在は17以上の金融機関と付き合いがあります。金融機関によって融資する条件などが微妙に異なりますので、そのあたりのリサーチは重要だと思っています。とくに私の場合は「融資が出る」ことを前提に物件を探します。融資状況は金融業界全体の動向に影響を受けますので、例えば、ニッキンなど金融機関向けの雑誌で情報を集めたり、日銀、金融庁、金融市場全体や海外の動向もチェックするようにしています。

また、昨今は金融機関全体として融資が出にくくなっているため、金融機関ごとに融資が出る物件のスペックなどを細かく聞いて、その条件を満たしている物件を探すことが重要なポイントになっています。

――融資が出る物件の条件を金融機関に聞くのですか。

はい。不動産投資を始める人の多くは、良さそうな物件を見つけ、金融機関に持ち込み、融資が出なかったら諦めます。しかし、投資家としては、もう少しできることがありますよね。普通の仕事でも同じです。営業先で断られたら何がだめだったのか、どうすれば買ってもらえるかなど聞くと思います。
金融機関も同じで、今回はだめだとしても次にどうすれば融資してもらえるかを聞くことが重要です。

――先に融資の条件を明らかにするのですね。

はい。自分が「良さそうだ」「買いたい」と思う物件を持ち込んでも融資は出ません。闇雲に矢を打っても当たりませんので、まずは「融資が出る物件の条件」という的(まと)の位置を探ります。融資が出なければ買えませんので、最終的には金融機関が物件を選定しているようなものですね。