はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、34歳、会社員の男性。ときどき散財してしまい、貯金がどんどん減っているという相談者。コツコツ貯めるのは性に合わず、投資で稼ぎたいと言いますが…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

貯金が減ってきているので、投資を始めてお金を増やしたいです。

貯金が減った理由は、毎月の赤字。加えてボーナスでも欲しいものがあるので、お金が足りません。前々回のボーナスでは12万円のソファ、前回は家族が欲しくてプードルを買いました。入社してから一般財形を始め、200万円ほど貯まっていたはずなのですが、それが今では80万円。これだけになってしまいました。

こんなに散財してはいけないと思うのですが、半面、ストレス発散のために買い物をしたい。それなら、もっとお金を手に入れることを考えたほうが良いのではないかと考えます。

コツコツ貯めるということは、性に合いません。投資はやり方次第では簡単に増えるとも聞きますし、雑誌などでは「今が買いの銘柄」を紹介していますので、それらを読んで取り組めば、きっと理想の自分になれるのではないかと思います。

とはいえ、投資の経験はありません。まずは何をどうやって投資を始めるとよいのかから教えてほしいです。

【相談者プロフィール】
・34歳、不動産系会社員、独身
・毎月の手取り収入:33万5,000円
・年間の手取りボーナス:84万円
・貯金額:80万円
・毎月の支出の目安:35万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃):8万5,000 円
・食費:4万2,000 円
・水道光熱費:1万 円
・通信費:1万4,000 円
・生命保険料:1万2,000 円
・日用品代:6,000 円
・医療費:1万2,000 円
・教育費:2万5,000 円
・被服費:2万4,000 円
・交際費:4万8,000 円
・娯楽費:1万3,000 円
・し好品代:4,000 円
・ペット費:1万5,000 円
・その他:4万1,000 円

FP:お金を使うために投資をしたいということなのですね。ですが、現状では毎月1万6,000円ほど赤字で、ボーナスもあまり残らないようです。投資をするお金はなさそうです。今回は投資を始めるにあたり必要な準備を含め、お伝えしましょう。