はじめに

ボーナスの半分を運用に回してみては?

これだけ余裕がおありであれば、支出は今のままでもよいのではないかと思います。ご相談者のストレスがたまらない程度に支出はすべきだと思います。現状ですと、ボーナスはすべて貯蓄にまわしているような状況かと思います。この部分の例えば半分を運用に回していくというスタイルはいかがでしょうか。

低リスクをとるか積極的に行くか?

結婚資金と最低限の生活費として500万円ほどを確保して、残りを運用するということでしたら、それはそれで構いません。ただし、1,500万円と高額となりますゆえ、一度にまとめて運用するよりかは積み立てによる運用の方がよいようにも思います。例えば、月々今までの投資とは別に、20万円ずつ投資に配分していく。その一方で、ボーナスからも得られる貯蓄額の半分を投資していく。こうして投資の配分を徐々に増やしていってはいかがでしょうか。

もちろん、アグレッシブにいかれるのであれば、外債投信や株式投信にまとめて投資するのも一つの手法です。とはいえ、日経平均株価をはじめ、株式相場には過熱感も出てきていると筆者は思います。そのため、時期を見計らって、大きく下落するといったチャンスがきたらある程度まとめて運用していくスタイルでもよいと思います。今は待ちの姿勢で、じわりじわり運用にまわしてくようにしてください。

運用は分散を心がけて

現状のつみたてNISAやiDeCoの資産配分状況がわからないため、何とも言えないものの、これらの運用では分散をしっかりされているでしょうか?また、同じ投信など購入されていないでしょうか?もし同じ投信を購入されているのであれば、売却する時期などもわけて検討すべきです。

そして、今後運用で増やす部分は、これまでとは異なる投信や株式、外債などに配分するよう心がけてください。新型コロナウィルスに伴う株式市況悪化は耐性がついてきていることにより今後は大幅な下落はないとは想定されるものの、いつ何時何が起きるかわかりません。そのため、普通預金や個人向け国債など安全資産による運用でもよいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう