はじめに

支出で改善するべき点は?

支出面ですが、もしコストカットしたいということであれば、衣服や日用品購入、食費を削ることになると思います。確かに、衣服代毎月4万円は支出しすぎのようにも思います。今後結婚されることを考慮するならば、ご自身で趣味や衣服に使いすぎているとお感じのようですので、しっかり決めてその支出を減らし、1~2万円でも貯蓄にまわすようにしてください。

住宅購入を検討するのもアリ

なお、別の観点になりますが、住宅購入を検討していくのもありかもしれません。これだけまとまった貯蓄があるため、収入の多いうちに住宅を購入し、お子さんが生まれた時に備えていくのもよいと思います。この場合には、無理に投資には回さず、貯蓄で確保しておき、住宅ローン控除など税制優遇面をさらに活かしていくスタイルをご検討されてもよいと思います。

投資は積み立てがオススメ。バランスは都度調整を

いずれにせよ、投資に回すのであれば、積立によりコツコツと徐々に配分をあげていくことをご検討ください。最終的に、貯蓄と投資のバランスを考慮するならば、貯蓄3:投資7ぐらいまでは引き上げてもよいと思います。現状の金額でいえば、貯蓄750万円、投資1,750万円です。もちろん、貯蓄500万円、投資2,000万でも構いませんが、あくまで数年後など最終的なスタイルとしてください。その頃には別途貯蓄も溜まっており、貯蓄の配分が上がっていると思います。なお、将来どういった道を歩むかを考えながら、例えば住宅購入を考えるなら貯蓄7:投資3にするなど配分をご検討されるとよいと思います。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。