はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、24歳、会社員の女性。24歳にして世帯年収が1,000万超えという相談者夫婦。しかし、子どもは2人、中高一貫私立、都内住宅、マイカーなど、高水準のライフスタイルを希望しています。相談者の夢は叶うのでしょうか?  FPの菅原直子氏がお答えします。

この春に結婚した24歳・同い年の夫婦です。年齢の割にそこそこ収入がある、と思ってしまうせいか貯金額が甘いな、と日々感じております。今回の相談は今後のライフプランに関してです。

夫婦共々30代前半までに子どもが2人欲しいとは思っているのですが、妻である私は都内出身なこともあり進学に関して自分と同じく私立の中高一貫校をイメージしております。夫もこれには特別反対はしていません。ただ、住宅購入の話題になると6,500万くらいまでのローンなら組める、と考えているようです。また、郊外出身で義父が車関係の仕事だったこともあり、やはりマイカー(中古で300万ほどを想定)がいつかは欲しいとも思っているようです。

駐車場代も高い都内でマンションを買い、車を持ち、子ども2人を私立に入れる、できれば趣味の海外旅行も年に1度は行きたい、これら全てを叶えるのはやはり私達の収入では無理なのでしょうか?

ちなみに結婚式と新婚旅行(いつ行けるのかわからないですが)も予定しており、それぞれ持ち出しが100万ずつを想定しております(挙式のみ両親の援助あり)。

また、住宅購入は援助がない想定で、20代のうちにローンを組みたいと考えております。
とはいえ社会人1年目で同棲、今回のコロナ禍でさらに引っ越しをしてしまい現時点での貯金も少ないです。家を買うために、どれくらい貯金すべきか、またいくらまでのローンなら組めるのか、何を諦めるべきか、ご教授いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、24歳、会社員、既婚
・子どもの人数:なし(将来2人希望)
・同居家族について:夫(24)はマスコミ勤務で年収、月収(額面)はそれぞれ650万、35万、私はIT関係で480万、30万です。夫は30代前半で1,000万円、40代で1,300万円くらいを想定しております。わたしは出産後もフルタイムで働く人も多い職場でその予定ですが、上がっても550万ほどまでだと考えております。
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:51万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:280万円
・毎月の世帯の支出の目安:44万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:17万2,000円
・食費:3万5,000円
・水道光熱費:1万2,000円
・保険料:2,000円(共済のみ)
・通信費:1万円
・お小遣い:13万円(夫7万、妻6万)
・その他:外食・旅行代3〜8万

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5〜8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:160万円
・現在の貯蓄総額:50万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:1,800万円

菅原:世帯年収が1,000万円を超えてはいるものの、支出もそれなりに多い相談者。今後の希望を叶えていくために、ライフプランを考えようとしています。シミュレーションをしてみて、生涯を通じて預貯金残高がプラスで推移すればいいのですが、マイナスになるようであれば、何かを諦める必要も出てきます。夫婦にとって大切なモノやコトについて、この機会にしっかり考えていきましょう。