はじめに

“隠れ”から“リアル”貧困女子にならないためには

では、貧困女子にならないようにするには、何をすればよいのでしょうか。最も大切なのは「貯蓄」をすることです。「なんだ、在り来たり」と思われたでしょうか。

貯蓄は、資産を管理するうえでとても大切な「もっとも流動性のある資産」ということができます。流動性とは、いつでも使える、ということ。証券や不動産もすべて資産ですが、前述したような臨時出費の際に、現金に還る「換金性」について時間がかかるという難点があります。現金の貯金は証券や不動産のように「殖える」という面はありません(厳密にはインフレによって資産価値があがる側面があります)。

もし現金の貯蓄が心もとないということであれば、多少生活を抑えてでも貯蓄を増やすことをお勧めします。それが貧困女子「予備軍」となっている貯蓄癖をつけること、そして浪費癖から脱却することにも繋がると思います。

既に所有している有価証券を解約する必要まではありません。ここで一つ大切なポイントをお伝えしましょう。貯蓄をするにあたって大切なのは「過剰にストレスを感じないこと」です。証券を解約して貯蓄を「仕事」として捉えてしまうと効果も半減です。証券を解約してまで節約しているのに思うように貯まらなかったらどうしよう、自分が悪いんじゃないかと思うことは禁物。毎月の貯蓄額も「努力目標」くらいにして、気軽に貯蓄を準備するようにしたいものです。

この「気軽な感覚での貯金」は、貯蓄が貯まってきてからも大切です。

たとえば、毎月決まったお金を貯蓄できていれば達成感もありますが、達成できなかったとき、仕事でストレスがあり、我慢していた服を購入してしまったという方もいらっしゃるのでは……。貯蓄額が減ったことも心配ですが、また浪費癖に戻ってしまうことが心配です。このあたりの心境面を整えてから取り組むようにしたいものです。