はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、33歳、会社員の女性。今年3人目のお子さんを出産された相談者。教育費の負担が増える前に住宅ローンを繰り上げ返済したいと考えており、タイミングを検討されています。FPのシミュレーション結果は? FPの横田健一氏がお答えします。

今年3人目が産まれ、これから子ども達の教育費もかかってくるかと思います。貯金がだいぶ溜まってきましたので、住宅ローン返済にあてて、借金を0にすると貯蓄ペースも上がるのではと考えました。しかし、手元にある程度は置いておきたいですし、ローン控除もあと5年残っています。どのタイミングでローン完済をしたら無理なく教育費を確保できるか知りたいです。宜しくお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、33、会社員、既婚
・同居家族について:夫(43歳)会社員、小2(7歳)、小1(6歳)、保育園(0歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:53万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:90万円
・毎月の世帯の支出の目安:45万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:7万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:1万円
・保険料:4万5,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:1万円
・お小遣い:3万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:1,300万円
・現在の投資総額:350万円
・現在の負債総額:1,300万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・住宅ローン:物件購入額3300万円、借入額1800万円、金利1.2% 、返済期間20年(うち返済期間6年目)、残債1300万円

横田:ご相談頂きましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。

今後のお子様の教育費を見据えて住宅ローンの繰り上げ返済について検討したい、というご相談ですね。まずは、繰り上げ返済をしない前提で、今後のお金をできるだけ見える化してみたいと思います。