はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳、会社員の男性。2億を超える金融資産をお持ちの相談者。今後、娘さんに有利に生前贈与していきたいといいますが、どのような方法があるのでしょうか。公認会計士・税理士の伊藤英佑氏がお答えします。

52歳、会社員です。1人娘の結婚や孫誕生のタイミングで、金融資産を有利に生前贈与していきたいのですが、どのような方法がありますか。

【相談者プロフィール】
・男性、52、会社員、既婚
・同居家族について:妻(52)専業主婦、長女(23)会社員
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:100万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:300万円
・毎月の世帯の支出の目安:45万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:23万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:1万円
・お小遣い:5万円
・その他:7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:50万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:200万円
・現在の貯蓄総額:1億3,000万円
・現在の投資総額:1億円
・現在の負債総額:0円

伊藤:ご質問者は会社員で収入の半分以上を貯蓄され、52歳にして貯蓄総額1億3,000万円、投資総額1億円の2億円を超える金融資産を所有しています。堅実な生活ぶりが窺えます。
妻は専業主婦、長女は23歳の会社員で、今後、結婚や孫誕生のタイミングも見越しつつ一人娘にどのように生前贈与をしていくのがいいかを考えていきましょう。